ママの恋人 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041552353

作品紹介・あらすじ

ママの三年来の愛人は、ママの男として、彼以外考えられないほど完璧だった。両親の結婚の破綻を知らずに、私は二十三歳、婚約者がいる。今、サヨナラを言おう。ママの女としての幸福のために、ママに。私の幸福のために、婚約者に。そして旅に出よう-。心にひりつき、滲みとおる。ほろ苦い、大人の恋の掌篇集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  短編集というか、10ページ前後の話ばかりだった。最後のだけ40ページだったけど。この本の前に読んだのも短編集だったので、満腹感が半端ない。やっぱり短編集はちょっと苦手だ。
     最初は、独身の結婚適齢期の女性ばかりだった。それも、自分の好きになった男は他の男とは違うとばかり思っていたが、結局、同じなことを思い知らされたり、終わった恋を忘れるために、自分を捨てた男を挑発してみたり・・・
    彼女たちは、まだ(?)20代なのにすごく大人だ。私が新入社員だったころ、5,6年先輩の女性たちはすごく大人にみえた。自分も20代後半になれば、大人になれると夢見ていた。現在50代だが、いまだに夢見たような大人の女にはなれない
     次に、結婚しているのに外で恋愛をしている男女の話。いつもときめいていたいという願望や、日常を保つために、非日常を求めるのだろうか。
     「彼」「彼女」「夫」「妻」など、名前のない男女が話の主人公・・・だった。ただ悲恋が多くて、少し甘ったるい恋愛ものを期待していたので、ちょっとがっかり。

  • 1997年3月2日読了。

  • 森さんは女のこわーい部分を描写するのがとても上手で、
    ほんの2,3ページほどの短いお話でも後味の悪いゾッとする話を描くのですごいと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

森 瑤子(もり ようこ)
1940年11月4日 - 1993年7月6日
静岡県伊東市出身。本名、伊藤雅代。東京藝術大学器楽科入学。広告代理店、コピーライターを経て専業主婦に。1978年、池田満寿夫『エーゲ海に捧ぐ』に刺激されて『情事』を執筆し、第2回すばる文学賞を受賞しデビュー。直木賞、芥川賞の候補に度々ノミネートされるが、1993年に胃がんで逝去。
代表作に『情事』、テレビドラマ化された『デザートはあなた』など。

森瑶子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×