金曜日の女 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.04
  • (1)
  • (3)
  • (16)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041552407

作品紹介・あらすじ

自分を捨てた男からの電話を、何年も電話の前で待ち続ける女。婚礼の前日、出会ったばかりの男と駆け落ちを企てる女。女たちの胸の奥底に渦巻く出口のない想いがえぐり出される。森瑤子の遺した傑作サイコホラー集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 婚礼の前日、出会ったばかりの男と駆け落ちを企てる女、別れた男からの電話を待ち続ける女など、女たちの胸の奥の出口のない想いを描く短編集。
    サイコホラー集というが、森瑤子さんらしくお洒落に仕上がっているし、女性の痛いぐらいのプライドも健在である。
    面白かった。
    (電子書籍 BookLive)

  • 現実的なストーリーから、超現実的なものまで盛りだくさんな一冊。でも一貫して感じることは、女って怖いなってこと。作者が同じ女性だから書けたのかもしれないが、同じ女性として読んでも圧巻。女って怖い!!

  • 怖いねぇ♪
    巻頭の「あっ」は、世にも奇妙な物語でありそうな感じ。

  • 18年10月 社の本棚より
    自分を捨てた男からの電話を、何年も電話の前で待ち続ける女……。サイコホラー集。壁の月など

  • 子供心に怖い! と実感させられた短編集。すきなのは死相のおはなしと頭が狂っている女のおはなし。

全5件中 1 - 5件を表示

金曜日の女 (角川ホラー文庫)のその他の作品

森瑤子の作品

ツイートする