嫉妬 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.16
  • (2)
  • (0)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041552469

作品紹介・あらすじ

「僕に、他に、女がいる…」夫の突然の告白に激しく動揺し、失望にとらわれる麻衣。妻への告白によってさらに心を苦しめられる夫・壮一郎。不倫によって亀裂の入った夫婦の心理、灼けつくような葛藤を、緊密な文章で鮮烈に描きだした「嫉妬」ほか三編を収録。恋愛小説の名手・森瑤子の代表的作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『今彼女が振りきって歩み去ろうとしているのは、彼女から笑いも優しさも勇気も、何もかも薙ぎ倒してしまう嫉妬という名の怪物なのであった。』

                                    (p.151-152)

  • 夫が荒れ狂う海に飛び込んで
    人命救助(但し救助した片方は死亡)をした後いきなり妻に
    「麻衣…僕に、他に、女がいる…」
    と告白。
    それまで数ページの間実に紳士的だった夫の
    あまりに情緒不安定な振る舞いに仰天しました。
    何故そのタイミングで告白?!と。

    「画布」を「カンバス」、
    「葉」を「アザミ」
    (すごい断定ぶり)、
    「触ってみて」を「フィール」
    などというスノッブなルビが
    時代を感じさせます。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

森瑤子(もり ようこ)
1940年11月4日 - 1993年7月6日
静岡県伊東市生まれの小説家。本名、伊藤雅代。
幼い頃からヴァイオリンを習い始め、東京藝術大学器楽科入学。この時フランス文学にのめりこんだうえ、様々な人々と積極的に交流し、卒業後に就職。結婚と育児に追われる。1977年に池田満寿夫が『エーゲ海に捧ぐ』で芥川賞を受賞したことを機に、初の作品『情事』を書き、すばる文学賞を受賞しデビュー。
37歳でデビューしてから52歳で没するまで、小説、エッセイ、翻訳など100冊を超える著作を生んだ。作品の多くがテレビドラマ化されている。代表作に、『スカーレット』『夜ごとの揺り籠、舟、あるいは戦場』など。

嫉妬 (角川文庫)のその他の作品

嫉妬 (集英社文庫) 文庫 嫉妬 (集英社文庫) 森瑤子
嫉妬 (角川文庫) Kindle版 嫉妬 (角川文庫) 森瑤子
嫉妬 (集英社文庫) Kindle版 嫉妬 (集英社文庫) 森瑤子

森瑤子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする