恋人より、せつない (角川文庫)

著者 : 水上洋子
  • 角川書店 (1998年12月発売)
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041562239

作品紹介

結婚。歳の差。友情。どれも、恋愛の障害?ほんとうに、そうでしょうか。"恋"が、本当はどんな姿をしているのか。まだ誰も見たことがないというのに-何ものにも囚われない愛の形を求めて、女性たちは恋の冒険に挑んでゆきます。恋の迷路の中で悩んでいるすべての女性たちに贈る、新感覚の恋愛短編集。

恋人より、せつない (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色恋沙汰なしの毎日も寂しいけど、傍目に幸せそうな恋人たちも内実は色々抱えてるものよね…。
    最近だと、唯川恵あたりがこーゆー作風だよね。

  • 恋愛に障害は付き物だが、
    その障害の元を把握したところで、
    恋愛の渦中に身を置かずにはいられない。

  • 「恋人より、せつない」「花びら色の記憶」「恋の砂時計」の短編集。
    仕事と恋愛・結婚・友達の関係などを通して、いかに男女が心地よく共生できるのか?ということがテーマで、興味深く読んだ。

    独身時代の私は、ただただ何も考えずに「結婚生活」に憧れていた。
    「家庭という小さな楽園で、自分は可愛い妻というオブジェ・・・」というフレーズ。
    まさに結婚当初の私がそうだった。
    結婚をして、いろんな体験をとおして見えてくるものがたくさんある。
    ジェンダーのことだって、結婚してから知った。散々夫にもわかってほしくて機会があるごとに言い続けてきた。(もう夫に求めるのは諦めましたケド・・)

    「あなたは、泳ごうとして手足を動かしているのに、少しも行きたい方向へ進むことができない。・・・・」という感じ。。。まさに;;;

    どうして?好きだから近づきたいと思うのに、近づけば近づくほどに相手を縛りつけ気持ちまで見えなくなってしまう。。。
    だから『友達』というポジションがいいのだろうか・・・

全4件中 1 - 4件を表示

水上洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする