バイバイ、エンジェル―ラルース家殺人事件 (角川文庫 (5653))

著者 : 笠井潔
  • 角川書店 (1984年3月発売)
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 19人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041563014

バイバイ、エンジェル―ラルース家殺人事件 (角川文庫 (5653))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 探偵小説としても充分面白いが、最後半の頭でっかちの思想とその暴走こそが主題。
    明確に書かれているわけではないが、こうした思想を持つのはみんな若者だったり、いじめられっこの怨念がそうした思想に転化していたり、それに打ち勝つのは”賢者”的な経験とそれに基づく思想だったり、というところに作者の思想(予断かもしれない)があるように思う。ある意味、厳密には検証がしようがないので、いわば”シミュレーション”としての小説という形態になるわけだ。
    思想の暴走の恐ろしさ、という観点ではこれはとても普遍的で今でも実感を持って読める小説である。

全1件中 1 - 1件を表示

バイバイ、エンジェル―ラルース家殺人事件 (角川文庫 (5653))のその他の作品

笠井潔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
アンブローズ ビ...
有効な右矢印 無効な右矢印

バイバイ、エンジェル―ラルース家殺人事件 (角川文庫 (5653))はこんな本です

ツイートする