三角のあたま (角川文庫 あ 7-13)

著者 :
  • KADOKAWA
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041576151

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 年度最後は、阿刀田高のエッセイ。何故か小説と間違えて読み始めたし、冒頭2本くらいはそういう小説なのかと思った。

    平成に入りかけくらいの時代背景に、はじめは自分の好みなどの話から、リクルート事件など、時事ネタに走っていく。おもしろいのは、やはり国会図書館職員時代の話で、早い話が、他人が出てくるものほどおもしろい。時事ネタはつまらん。

    エッセイはそういうもんだ、と言われればそうなのかもしれないが、本作では主語が省かれて「私は」なのか「世間的には」なのかがぼかして書かれていることが多い。そういうのはネット上などでは良いのかもしれないが、書籍になってしまうと、日記か評論なのかで、やっぱり読者を選ぶわけです。個人的には、エッセイは日記の延長であって欲しいと思うわけ。

    阿刀田氏の「まじめ半分」のときにも感じたし、ちょっと重複してないか?という文もあったりしたのだが、非常に真面目なんだと思う。これはこうであるべきだ、バーンと突っ放される。そうじゃなくて、やってみた友人がいるとか、奥さんに話したらこうだったとか、そういう柔らかくて具体的な落とし方も有るんじゃないのかな、と。

    最終章で「時事ネタはすぐつまらなくなる」などと反省が述べられているので、まあ救われたかな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家
1935年、東京生れ。早稲田大学文学部卒。国立国会図書館に勤務しながら執筆活動を続け、78年『冷蔵庫より愛をこめて』でデビュー。79年「来訪者」で日本推理作家協会賞、短編集『ナポレオン狂』で直木賞。95年『新トロイア物語』で吉川英治文学賞。日本ペンクラブ会長や文化庁文化審議会会長、山梨県立図書館長などを歴任。2018年、文化功労者。

「2019年 『私が作家になった理由』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿刀田高の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×