消えた男 (角川文庫)

著者 : 阿刀田高
  • 角川書店 (1995年1月発売)
3.10
  • (0)
  • (4)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041576175

消えた男 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 阿刀田高の怪談短編集。全体的にふんわりと恐いという程度だし、話の進め具合も散漫な感じで、ポイントこそ押さえられるが、これという決め手のない作品が多い。

    途中の夢ネタ、想像ネタは、筒井康隆を意識しているのかもしれないが、それならもっと強烈にブラックな怖さがほしい。

    というわけで感想も少なめ。中途半端な☆2。

  • ミステリー短編集。全9話。

    ほんの少し魔が差したってだけだったのに、それが、こんな風になってしまうなんて・・・っていう、誰にでもありうる、紙一重の怖さ。

    特によかったのは『姉弟』かな。オチにおどろかされました。

全2件中 1 - 2件を表示

消えた男 (角川文庫)のその他の作品

消えた男 (角川文庫) Kindle版 消えた男 (角川文庫) 阿刀田高
消えた男 単行本 消えた男 阿刀田高

阿刀田高の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

消えた男 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする