幻の舟 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.47
  • (1)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041576199

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 織田信長の協力な助力者とされる狩野永徳、彼の幻の作品『安土屏風』を巡る話。

    それまでにない豪華絢爛な城であったとされながら、築城数年、本能寺の変の直後に焼失してしまった安土城。その姿を唯一写し取っている安土屏風は少年使節団を通して欧州に渡り、現在は行方不明。
    永徳の画に魅入られ、屏風を追う老年の主人公の回りでは死の影が見え隠れする。
    歴史ミステリーに、ホラー要素がうまく織り込まれていて、読後の満足感が高い。

    琵琶湖にいって、在りし日の安土城を思い描いてみたくなった。

  • 初の阿刀田高。歴史ミステリともいうべきか。信長が狩野永徳に命じて描かせた安土城の屏風絵が一種の呪いとなる...そんな話。史実から様々な関連性をザッピングさせるところが凄い。日本史に明るくないと睡眠効果を発するところがあるけれど、総じて面白かった。

  • じわじわ来る、おもしろい。

  • 新規購入ではなく、積読状態のもの。
    2008/5/18 読了。
    織田信長が狩野永徳に描かせ、その後天正遣欧少年使節によりローマ法王に献呈されたとされる「安土城屏風」を主題に、登場人物達の間のミステリと歴史的なミステリを絡ませた阿刀田氏ならではの幻想的な小説。ウィンゲの木版画(文庫本表紙)に不自然に大きく描かれた船の図の持つ意味は?

全4件中 1 - 4件を表示

幻の舟 (角川文庫)のその他の作品

幻の舟 (角川文庫) Kindle版 幻の舟 (角川文庫) 阿刀田高

阿刀田高の作品

幻の舟 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする