花より結婚きびダンゴ (角川文庫 緑 579-2)

著者 :
  • KADOKAWA
3.21
  • (0)
  • (3)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041579022

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2.00

  • ある程度学歴と、キャリアを持って「結婚したい」と思ってる女性なら共感できるポイントはそこそこあるかも。
    東大卒の男性に関する部分は、凄くわかる。
    「文筆業の女性から見た業界の男性像」あたりも妙に納得。
    バツイチ男性のカテゴライズとかそれなりに面白い。

    …ただ、言葉の言い回しとかはそれなりに率直過ぎて「私下品なこと言ってませんこれは学術的な率直な意見です」的に言われていても、作者のキャラクターだなと思おうとしても、そこまで言うなよ品が無い、と思う人はいるかも…

    最後の「私はどうしてさまざまな感情を、自分1人の力で生み出すことができないんだろうか。」は良い言葉だと思った。

  • 1983年、27歳時のエッセイ集。
    飾らず、気取らず、とても面白い。
    前3作より洗練された気がする。
    解説が中島梓さんであることも素晴らしい。
    (図書館)

  • 母親がマリコ好きなので図書館から借りてきた。

    マリコ氏当時27歳。この頃は玉の輿に憧れ、慶応ボーイや医者との恋愛を夢見ていたマリコ氏だが

    確か最後に選んだ?旦那さんはサラリーマンだったはず。
    俗っぽく正直に女のイヤラシさを告白してはるな~笑

  • 昔おもしろく読んだエッセイを、BOOKOFFに出す前に再読。愛すべき自虐ネタ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1954年山梨県生まれ。コピーライターを経て、作家活動をはじめ、82年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーに。以降、「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、95年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『ミカドの淑女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林真理子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×