ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272))

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.21
  • (32)
  • (39)
  • (115)
  • (26)
  • (15)
本棚登録 : 621
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041579046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◆28歳で、この文章力、この物言い。
    ズバズバと容赦なく切り込む。ルンルンと人生を闊歩する。その姿に脱帽です。

    同じ物書き、同じコピーライターとして、こんなに悔しいことはない。

  • 鮮烈なデビュー作。この鮮やかさは稀代のものだとつくづくと味わう。このひとは、ペンで女子を自由にした。女子の内に潜むものをこれでもかとあけっぴろげに、鮮やかに、示してみせた。しかしそれは今現在よくある「女子って実はこうで、こんな風に思ってて、ねえ、そんな私を理解して!認めて!ついでに愛して!」みたいな押しつけがましいものではなく、ささやかだけれどインパクトがあって、本当にチャーミングだ。息がつまるような女子のあり方を大胆不敵に転換してみせた、これは時代が求めたものであるかもしれないのだけれど。圧倒的でめまいがする。林真理子というひとは、昔も今も正直に、ほんとうに正直に書いている。その正直さはどの年代においても胸を打つものがある。

  • 女版ホリエモンという言葉がまさにぴったりなエッセイ。 笑ってしまう所もあり、ちょっとひねくれすぎじゃと思うところもあり、意外と繊細なところもあるんだな、とはっとさせられるところもあった。

    かなり言葉がとがっているけど、この野心の部分を前面に出して書くと、もっと面白いのかも。

  • こんな若い頃から既に今の林真理子毒舌で書いていたとは。そして本当にコンプレックスの塊。よくここまで成り上がれたなと…。

  • 友達が『あんな本を書く林真理子大っ嫌い』と言っていた本を数十年経って読んでみた。そこにはバブル絶頂期の景気のいい話がつらつらと書かれていた。また、田中康夫の悪口やら小沢真理子の悪口やらいろいろな方、当時の若い子の悪口、林真理子が尊敬している方々の名前が。
    確かにこの本を一番最初に読んだら私も『何勘違いしてるんだ?』と思ったに違いない。でも、私が一番最初に読んだのは『テネシー・ワルツ』そんなに悪くはなかったんだけど。
    でもやっぱり、カタカナ自由業、コピーライターは華やかな仕事だと思うし、収入を聞いたら憧れだったりもするし、普段の行きつけのスーパー紀伊国屋へタクシーで乗り付けると聞くと嫉妬したりもする。
    反面、身持ちの堅さ=自分のだらしのなさ、という話や、こぎれいなデザイナーズマンションに住んでいても誰も入れられないという話を聞くと、華やかな仕事でもやっぱり性格に寄るんだろうな~…。
    と、思う。
    本人はあとがきの中で、『とにかく今までの女の人が絶対に書かなかったような本を書いてください』と担当さんに頼まれ書いたのだが、自分でもえげつなさに我ながら悲しくなってしまったことが何度かあると書いているから、そういう自覚はあるんだろう。
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    なにをこわがっているんだろう。なにをおそれているんだろう。若い女がもっているものなんてタカがしれてるじゃないか。ヒガミ、ネタミ、ソネミ。この三つがそんなにカッコ悪い?おちこむのもおごるのも極端。ころげ落ちたりはいずりあがったりしながら、目指すものは大きくなり、それを手に入れるようになった著者。「エネルギーの原則」、その原点。「いままで女の人が絶対に書かなかったような本」として、絶賛を浴びた、初期の名エッセイ集!

  • 2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』の原作者の
    デビュー作が気になり、本書を読んだ。

    感想は『軽いエッセイ』だ~である。
    むかし、む~かしのバブル世代がよく知っている頃の話題。
    この感覚で有名になってしまったんですねえ。

    大河の原作が楽しみになってきた。
    ルンルンして読もうっと。

  • 出版された当時(あとがきを見ると35年前!!)は、今まで女性が書かなかったような本、だったわけですよね。女性の僻みや妬みをネタにした本は少なかったのでしょうか。生まれてもいないのでピンと来ません…時代を感じます。
    内容自体は古くささをそれほど感じず、面白く読めました。良い意味で林さんがあまり変わってないのかなぁ、なんて。
    それにしても、林さんと私では性格がまるきり違う…。そのパワー分けてほしい(涙)
    「美少年は公共のもの」には妙に共感です(笑)

  • ある朝、私は目ざめたらかなりの空腹を感じていた。「パンを食べよう」と私は思った。けれども、「サンジェルマンか、もしくはアンデルセンのパン」というはっきりした限定が、私の頭の中につくられていたのだ。地元の山崎のパンではダメと、私のからだと美意識が叫んでいた。
    それで仕方なく私は服を着かえて、青山通りまでバスで行かなければならなくなったのだ。
    途中、私は腹立たしさがジワジワとおしよせてくるのを感じた。「知らない頃の方がよかった」もっと生活が気楽だった。どこのパン屋でもよかったし、不平不満なくおいしく食べていた。「どうしてこんなことになったんだろう」何度も自分に問い返した。サンジェルマンのパンは確かにおいしい。けれども、なんとたくさんの自由と時間を私から奪ったことであろうか。
    「食べることは恥ずかしさと悲しさがつきまとうことだ」幼い私が直感として得たこのことが、なぜかこの頃私につきまとって離れない。

  • ブス論とお金論が秀逸すぎて笑った。

  • 初体験を事細かにノートに記していたというエピソードに笑った
    さすが作家だ

全79件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)
1954年、山梨県山梨市生まれ。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動後、1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、デビュー作ながら話題になる。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。
現在、直木賞、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞の選考委員を務めている。

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272))のその他の作品

林真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
吉本 ばなな
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272))に関連する談話室の質問

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272))を本棚に登録しているひと

ツイートする