紫色の場所 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.86
  • (0)
  • (3)
  • (14)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 62
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041579091

作品紹介・あらすじ

このささやかな成功がいつまでも続いて欲しい。自分だけがいつも他人からちやほやされ、一流の仕事を山のように持っていたい-。不安と野心が交錯する売れっ子スタイリスト・見村ヒロミは初めて体験した「浄霊」に興味をもち、除々に新興宗教「久慈尊光教」に深入りしていく。心の平安、生活の安泰を求める現代の著者にとって、神の役割りはなにか。「宗教」と現代人の心の接点を細やかに描き、新境地を切り開いた傑作長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちょうど、健康食や瞑想や仏教にハマっていて、それを親切心で教えてくれる人がいて、だんだんカタカムナの本まで教えられて読まされてこれはまるで宗教だ。、、って思った。こわくなった。好きなもの食って、親切心で教えてくれる人とも縁を切ってってところで読んだからタイムリー。


    信じる信じないは別だけど、やっとかないとやばいよって思わせること

    この本、なんか宗教なんだけどチャラチャラ参加してる感じがきっと林真理子が実際体験したことなんだろう。

    人の手の平の上で転がされてばかりの人生はイヤだよね。
    いい教えだけちょうだいして、自分らしく自分だけの神を信じて生きていくよ

  • 12/20(火)さらっと読めて嫌いじゃない

  • 再読。
    ラストか中途半端というかあっけないが、面白かった。

    2011.5.5
    再読。
    売れっ子スタイリストが新興宗教にはまっていく話。
    今の幸運がいつまでも続かないだろうという不安、嫉妬、野望等から宗教も流行の一つして、覗き見していく心理。
    でも、心底傾倒するのはなく、勧誘活動はせずに寄付で済ませているところが、真理子流で好き。

  • くだらない小説。これから林真理子の小説を手に取ることはないでしょう。

    主人公に共感できるところはないし、他の登場人物も個性がなくてつまらない(のっぺらぼうみたいで人間性がない)。せっかく「現代人と宗教」という面白げなテーマなのに、テーマが全然掘り下げられてなくて、この小説のテーマが「宗教」である必要がないくらい、背景の木みたいな存在で、「だから何?」って思った。オチもないし、読んだ後に何も残らないのは、エッセイの文章と同じ。
    小説としてストーリーが面白いわけでもないし、表現力はイマイチだし、鋭い感性があるわけでもないし、、、
    なんでこんなつまらない作家が大作家たちと肩を並べて直木賞の選考委員をやってるのか意味不明。

    解説で、糸井さんの「電気と宗教は密接な関係がある」という説だけが面白かった。これがなければ☆はゼロでいい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1954年山梨県生まれ。コピーライターを経て、作家活動をはじめ、82年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーに。以降、「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、95年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『ミカドの淑女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林真理子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×