身も心も (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041579121

作品紹介・あらすじ

「君は可愛いから好きだ」「愛してるよ」-そう言ってもらうのを心待ちにする22歳のデザイナー・千鶴。冷静、潔癖、頑な性格で充分な愛をふりそそごうとはしない英宗。彼への思慕と焦燥をベースに、新しい恋、別離、再会を繰り返す、6年間にわたる愛の軌跡をせつせつと謳い上げた秀作「身も心も」。マスコミ界に生きる男女数人が、好奇心から裏ビデオ観賞会を開く。1本のビデオを機軸にそれぞれの心模様が映し出される一夜の出来事を軽妙に綴った「ビデオパーティー」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 林真子さんっぽい恋愛短編集。

  • 母が「葡萄が目にしみる」と間違えて当時小学生の私に貸した本。最後まで読んである意味トラウマに…(最後まで読むなよ…)
    子供には生々しくて濃ゆいかったです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)
1954年、山梨県山梨市生まれ。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動後、1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、デビュー作ながら話題になる。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。
現在、直木賞、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞の選考委員を務めている。

身も心も (角川文庫)のその他の作品

身も心も 単行本 身も心も 林真理子
身も心も (角川文庫) Kindle版 身も心も (角川文庫) 林真理子

林真理子の作品

ツイートする