南青山物語 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.62
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041579145

作品紹介・あらすじ

ローレックス、英会話、玉の輿、お金持ち、ケリーバッグ、女の早口etc-欲しいもの、気になること、女の子の願いや怒りを総ざらいします。流行の発信地、南青山に居をかまえ、取材で世界をかけめぐり、おしゃれに文章に、ますます磨きがかかった、最高調の真理子エッセイ。「アンアン」の最終頁を飾り、うしろから開かせるエッセイといわれるほど人気を集めた連載の、待望の文庫版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1986年刊行。anan初連載エッセイ集。
    ブランド好き、高級品好き、芸能人の噂好き、バブル突入前の勢いある時代が好ましい。
    (図書館)

  • よくここまで本音をむきだせると、感心する。そして本音がでたものほど面白い。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)
1954年、山梨県山梨市生まれ。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動後、1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、デビュー作ながら話題になる。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。
現在、直木賞、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞の選考委員を務めている。

南青山物語 (角川文庫)のその他の作品

南青山物語 (角川文庫) Kindle版 南青山物語 (角川文庫) 林真理子

林真理子の作品

ツイートする