マリコ・ジャーナル (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.86
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041579213

作品紹介・あらすじ

社会、ファッション、暮らし、映画、文化、世の中や人生の大小様々な出来事とその機微を軽快に綴ったマリコの新聞です。なににでもジャーナリスティックな見識と、本質を見透す作家の目が光る、卒直で愉快な話題の数々-。なかでも最高の読み物は、最後の「その日の私」。挙式前日、ひとりで質素な夕食をとりながら、結婚という新しい幸福を実感する感動の手記で終わる、ハッピーエンドのエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ananなど、色々な雑誌に書かれたエッセイ集。
    anan掲載のが一番ラフに書いてる感じで面白かった。
    ラストの「その日の私」は90年月刊カドカワに掲載された自身の結婚前夜〜結婚式・披露宴まで。夢に描いていた披露宴を実現されたそうで、幸せが伝わってきた。
    (図書館)

  • 一時期はまった林真理子。見事に消費社会で男子に欲されるということに自己実現をするオンナを羨望とともに見切ってるのはすごい。

  • (メモ:高等部2年のときに読了。)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)
1954年、山梨県山梨市生まれ。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動後、1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、デビュー作ながら話題になる。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。
現在、直木賞、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞の選考委員を務めている。

マリコ・ジャーナル (角川文庫)のその他の作品

林真理子の作品

ツイートする