悲しみがとまらない―恋愛ソング・ブック (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.31
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041579275

作品紹介・あらすじ

"悲しみがとまらない""シングルアゲイン""駅"等々大ヒットソングをモチーフにした、12のラブストーリー。理想的な恋愛とそれを彩る女友達との過不足ない友情。その両方が備わった、輝やかしい「青春」を得るために、ひたむきさと計算を同時進行させる女の子たちの、小さな戦いの物語。大ロングセラーの待望の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「悲しみが止まらない」「シングルアゲイン」「オリビアを聴きながら」「愛が止まらない」「恋一夜」「DEAR FRIENDS」「瞳が微笑むから」「抱いて・・・」「告白」「水に挿した花」「ジュリアン」「駅」
    をモチーフにした12編の短編集。

    面白かった!!
    林真理子さんが描く若い女性を主人公にした恋愛短編集は本当に面白い。
    甘ったるくならないところがいい。
    そして、懐かしい曲たちを聴きたくなった。

  • 懐かしい歌謡曲にあわせた短編小説。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)
1954年、山梨県山梨市生まれ。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動後、1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、デビュー作ながら話題になる。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。
現在、直木賞、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞の選考委員を務めている。

悲しみがとまらない―恋愛ソング・ブック (角川文庫)のその他の作品

林真理子の作品

ツイートする