悲しみがとまらない―恋愛ソング・ブック (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.31
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041579275

作品紹介・あらすじ

"悲しみがとまらない""シングルアゲイン""駅"等々大ヒットソングをモチーフにした、12のラブストーリー。理想的な恋愛とそれを彩る女友達との過不足ない友情。その両方が備わった、輝やかしい「青春」を得るために、ひたむきさと計算を同時進行させる女の子たちの、小さな戦いの物語。大ロングセラーの待望の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時代は違えど、いつの時代だって悩みは同じで。
    ラストのオチにゾッとする話もあったけど、
    「オリビアを聴きながら」の「幻の私はどんな私」が
    切なかったなぁ。

  • 「悲しみが止まらない」「シングルアゲイン」「オリビアを聴きながら」「愛が止まらない」「恋一夜」「DEAR FRIENDS」「瞳が微笑むから」「抱いて・・・」「告白」「水に挿した花」「ジュリアン」「駅」
    をモチーフにした12編の短編集。

    面白かった!!
    林真理子さんが描く若い女性を主人公にした恋愛短編集は本当に面白い。
    甘ったるくならないところがいい。
    そして、懐かしい曲たちを聴きたくなった。

  • 懐かしい歌謡曲にあわせた短編小説。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1954年山梨県生まれ。コピーライターを経て、作家活動をはじめ、82年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーに。以降、「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、95年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『ミカドの淑女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林真理子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×