バルセロナの休日 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (15)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 66
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041579282

作品紹介・あらすじ

パリでバレエ留学中の安奈は、ある日窃盗事件に巻き込まれる。忌まわしいその体験が甘美に思い出されるのは、その時に出会った美しい男の黒い瞳のせいだ。もう一度会いたい。安奈は彼から手渡された「鍵」を手がかりに、パリからバルセロナへ旅立つ-。光と闇に彩られた「カタロニア」を舞台にくり拡げられる恋と冒険と希望の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • バレエをやっていたのでちょっと共感。バルセロナにぴったりな、非現実的でドラマチックな物語。

  • 主人公の安奈はパリにバレエ留学中。古美術商の社長である父の庇護のもと、潤沢な生活を送っている。
    ある日のレッスンの帰り、安奈は、バイクに乗った二人組が、男にナイフをかざしているところを目撃する。思わず助けにはいる安奈。襲われていたのは若く美しい青年だった。しかし彼は、「またいつかきっとお会いしましょう」という言葉と、不思議な紋章の入った鍵を残して姿を消してしまう。
    安奈はこの魅力的な青年のことが忘れられず、残された鍵を唯一の手がかりに彼を探し始める。
    ミステリアスな事件と恋愛とが絡まって、絶妙な面白さ。こういうのが好き。(単純な感想ですみません…)

  • とにかく表現が綺麗。あっという間に読めた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1954年山梨県生まれ。コピーライターを経て、作家活動をはじめ、82年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーに。以降、「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、95年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『ミカドの淑女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林真理子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×