ピンクのチョコレート (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.02
  • (4)
  • (11)
  • (56)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 165
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041579329

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 9編からなる短編集。最後の「勤め人のいえ」は5話のオムニバスになっている。
    表題作の「ピンクのチョコレート」は、自分にぞっこんだった平凡なボーイフレンドが、突然人気歌手になり、バレンタインデーには大量のチョコレートをもらうようになる。チョコレートを前にウンザリしてみせる彼に、複雑な思いを抱く主人公。
    いずれも、恋愛を突き放して見ているような、ちょっと哀しみを帯びた女主人公たちの目線が印象的だ。

  • 再読。
    「ピンクのチョコレート」バレンタインに大量のチョコをもらうスターになった彼、彼とつきあい続ける女の子の話。
    「女子校育ち」幼稚園から短大まで。結婚しても仲の良い名門女子高に通った5人組、夫目線で書いているが、皮肉がきいてなかなかすごい話だった。
    どれもすっきりしない終わり方、でも面白かった。

    2012.8.17
    再読。短編集。
    若い未婚の女性、このくらいを主役にした話が一番好き。
    「四歳の雄牛」は長編「花探し」の原型、一番良かった。

  • 『猫を連れて』

    『ピンクのチョコレート』

    『真珠の理由』

    『四歳の雌牛』

    『ランチタイム』

    『偶然の悲哀』

    『赤い糸』

    『眠れない』

    『勤め人のいえ』

    解説は山本文緒さん

  • 男と女のすれ違いというような話が多く、面白かった。ちなみに文庫の解説は山本文緒さん。

  • 真理子にしてはそこまでどろどろとしていない短編集。

  • 初・林真理子さん。

    うーん…
    もやもや感が残る終わり方で
    個人的には
    微妙だった…(´・ω・`)

  • ひまつぶしにどうぞ。

  • 初めて林真理子の小説を読んだ。
    なんか想像と違う。
    リアルすぎたのと、結末がないのが何とも言えず。

  • 何回か読んでブックオフへ

  • 短編集。
    含ませたまま終わるかんじが癖になる。
    おこちゃまな私はもうちょっとハッピーなものも読みたくなる。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)
1954年、山梨県山梨市生まれ。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動後、1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、デビュー作ながら話題になる。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。
現在、直木賞、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞の選考委員を務めている。

ピンクのチョコレート (角川文庫)のその他の作品

林真理子の作品

ツイートする