美女入門 (角川文庫)

著者 :
制作 : 鈴木成一デザイン室 
  • KADOKAWA
3.13
  • (15)
  • (29)
  • (147)
  • (18)
  • (6)
本棚登録 : 436
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041579343

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友達がくれた本。少し前に読もうと思ったときには、あまりにしょうもなすぎてすぐに読むのをやめてしまった。でも何となく処分もしにくくて、そのままに。
    ふと思い立ってまた読み始めたら、意外と読み進めることが出来て、数日で読了。
    でもやっぱり、特に面白くもなかったし、読んでも何も身にならなかった。(笑)

  • やっと読み終わった。
    雑誌『an・an』の連載をまとめたエッセイ集。
    単行本は17年前に刊行されたものなので、出てくるワードや人物が長野オリンピックだったり中田ヒデだったり、時代を感じます。連載自体は今も続いてるのだから凄い。
    林さんの上昇志向は、私には全くないものなので共感できる部分が少なく少し退屈でした。でも、その分、こういう考え方もあるのね…と自分とは違う生き方を見せてもらってるようで感心することも多かったです。それもまた読書の醍醐味。

  •  連日の猛暑で頭を使う本や難しい本を読む気にならないので、寝転んで何も考えずに読める本としてチョイス。面白くないということはないが、生暖かい眼差しを送りたくなる。

  • 「お金と手間と努力さえ惜しまなければ、誰にでも必ず奇跡は起きる!」

    金がなければ始まらない。
    コネがあったら人生楽しめるよって話。

    ま、自分には関係ない世界のお話だと思って読めば楽しいです。

  • 自虐と自尊心が絶妙なバランスだなぁ、と感じました。

  • 毒舌なエッセイである。たぶん、好き好きなのだろうが、私は好きである。ファッションやエステ、芸能ネタを基準にいろいろ語っていて面白い。大胆な文章で有名人の名前入りだから、なお一層ヒットした作品なのかもしれない。

  • 結構前に発売されてた本だよね、これ。
    実は、結婚前は林真理子のことあんまり好きじゃなかったの。


    でも、これ読んでちょっと変わった

    雑誌・ananの一番最後のページに載っている
    エッセイ集をまとめたもので、
    大分古いものにはなるんだけど…
    (part6ですら2003年のものだし)


    まぁ、作品を一言でいうなれば、昔モテなかった女性が
    地位や名誉やお金を手にいれて
    「自分、磨けば結構いけるんちゃう?」と
    気付いて頑張っていく感じ。

    昔、林真理子のこと憧れて目指してた子がいたけど
    あー、社会人になって、お金稼いで、
    昔の自分を見返してやりたい!って気持ちだったんだろうな、と
    今では分かる。

    けど、憧れる気持ちはわからないかな(笑)



    だって、これって、「ま、そうは言っても背伸びしてるのが
    楽しいのよね」ってオチだし^^
    結局、頑張ってもダイエットうまく行かなかったり、
    家の中が買ったまま着てない洋服でジャングルになってたり、
    そういう庶民的なところが読んでて面白いわけだし (笑)



    というわけで、要はおもしろいっす

  • これ読んでも・・・美女になれない!! でも笑えるよ。プクちゃん

  • 美女入門卒業。

  • 2010/03/30読了

    まあなんというか…セレブじゃないのでなんともいえません。
    自慢話が多かったからなあ…期待した内容ではなかったなあ…

全53件中 1 - 10件を表示

プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)
1954年、山梨県山梨市生まれ。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動後、1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、デビュー作ながら話題になる。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。
現在、直木賞、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞の選考委員を務めている。

美女入門 (角川文庫)のその他の作品

美女入門 (角川文庫) Kindle版 美女入門 (角川文庫) 林真理子
美女入門 単行本 美女入門 林真理子

林真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
綿矢 りさ
江國 香織
有効な右矢印 無効な右矢印

美女入門 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする