すべての男は消耗品である (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.10
  • (18)
  • (18)
  • (172)
  • (13)
  • (9)
  • 本棚登録 :407
  • レビュー :43
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041586020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 19の頃に読んだものである。

    今回27にして読み直したがこれは私の聖書であるんだなと感じた。

    あの頃多くのことをここで私は確認したはずだ。

    18までサッカーとお勉強しかしてこなかった僕が、僕なりに社会や制度や人間について疑問を感じ考え続けて得たものがあった。それを再確認させてもらったのだと思う。

    この本以降の本は僕にとっては背伸びする必要のないただの復習本であったが、この本は少しだけ背伸びをさせてもらった本だったと思う。ズルをしたんだと思う。先に結果を知ってしまう様な。要するに初体験だった。

    27にしてこの本を読み直す。うん、やっぱりこの本は古びない。全うなことを書いているし、村上龍がとってもとってもピュアでチャーミングで素敵。

    その男の子の村上龍を山田詠美がベテラン娼婦か、風俗営業をしている人生経験豊富なマダムのふりをする人の目線であとがきを書く。
    あら、オマセちゃんね。という風に…

    ボーイミーツガール

    本当にいい本だと私は思う。

  • 笑えるのは最初だけ。

    巻末の山田詠美の解説だけが救い。

  • 読み疲れたけど大事なことたくさん書かれてる

  • いい!

  • 1987年のエッセイ。かなり毒のある言葉の数々。
    そこまで言っていいの? というのが、たくさん。
    共感を感じるものもないわけではない。
    ギクっする言葉をどう受け止めるのか、と考えれば作者が読者に投げかけるものが色々ある。

  • 元気にしてくれる本です。

  • うーん…

  • 「消耗品」とはすごい言い草である。若く、綺麗な女には絶対かなわないと言いつつ、村上龍氏は生まれ変わっても男を選ぶだろう。ロシアの女性美容師(32)が押し入れ強盗を倒して性的奉仕をさせて監禁していたあのニュースを聞くと、国民性の違いを感じるけれど。

  • どうしたものかな。
    とても複雑な気分でさぁ。
    解説まで読んでお叱りの言葉を頂き…
    ううむ、バイブルにする気はないが、
    持つべき危機感について考えさせられた。
    眠い…
    また気が向いたらレビューを書こう。

  • 若き日の龍氏のエッセイ。今読んでも新鮮かつとても刺激的。
    ただやみくもに毒を撒き散らす様なものとは一線を画し、するどい彼独自の視点の思考から繰り出される言葉は圧巻の一言。
    30年前にこれを書けるのは彼しかいないのでは。

全43件中 1 - 10件を表示

すべての男は消耗品である (角川文庫)のその他の作品

村上龍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

すべての男は消耗品である (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする