フィジーの小人 (角川文庫)

著者 : 村上龍
  • 角川書店 (1997年4月発売)
2.67
  • (0)
  • (3)
  • (27)
  • (9)
  • (4)
  • 本棚登録 :92
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041586112

フィジーの小人 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 祖父の手記の悪ふざけ感がたまらない。満足度3

  • 序盤までは『イビサ』や『インザミソスープ』にも通じる村上龍の毒みたいな物が漲っていて、
    傑作の予感を感じながら読み進めたが、中盤から失速。
    イマイチ乗りきれなかったかな。という印象。

  •  ワヌーバという小人が体験する異常な世界と、ワヌーバの祖父が精神病院で残したという不思議な物語を読み進めるという構成になっている。異常と正常の微妙なラインを描き、読むものを引き込む手法ではなく。この小説はあきらかに異常の世界を書いている。人の慣れとは恐ろしいもので、異常な話がつづくと後半それほど驚きもしなくなる。多分、フェチは最後まで興奮するのだろう。稲川淳二の怪談ではないが、ガツンといった後・・この話には後日談がありましてとつづけば尚、恐ろしい。全体的に空っと明るい異常な世界なのである。もっと、湿り気がほしいものだ。

  • はっきり言ってよくわからないし、気持ちをかき乱される常軌を逸した描写の連続なんだけどかなり好きな作品。
    こういう変態的なことで頭をいっぱいにしつつ、経済人とクールに対談する村上龍が素敵すぎる。

  • £1

  • サディストとマゾヒストについて切々と書いた作品。最後まで読まなかった。というより読めなかった・・・。龍さんのばかりを読んでいて疲れてたのかも・・・。

全7件中 1 - 7件を表示

フィジーの小人 (角川文庫)のその他の作品

村上龍の作品

フィジーの小人 (角川文庫)に関連する談話室の質問

フィジーの小人 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする