ぼくだけの東京ドライブ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041589113

作品紹介・あらすじ

例えば、雨の降る午前中お部屋に1人でいる時、晴れた日の午後2人で第3京浜をドライブする時、あるいは夜のベッド・ルームでは-といった100種類のシチュエーションにピッタリくる100枚のレコードを3000枚のコレクションから選び、紹介します。と同時に、お店やドライブの含蓄のあるおすすめコースもアドバイス。東京生活の達人、田中康夫ならではの、東京24時間快適カタログ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山崎まどか「ブック・イン・ピンク―おしゃれ古本ガイド」つながり

  • 近年は政治家としての方が有名な田中康夫の作品。

    1984年に「たまらなく、アーベイン」という名前で発売された作品が
    文庫化に合わせてタイトルが
    「ぼくだけの東京ドライブ」と変更されたようです。

    この作品は東京界隈をドライブデートする場合に
    マッチする音楽を紹介するというもので、

    80年代周辺のAORやソウル、ブリティッシュファンクなどの
    レコードが845枚も紹介されています。
    (但し全て文章で紹介です)

    田中さん独自の観点で当時の東京の雰囲気や街並みと、
    人間の感情や心理を綴っています。
    この内容と音楽の紹介がオーバーラップするので
    400ページ以上ありますが、
    つらつらと読み続けられるのかもしれません。

    文体も独特ですが、読みなれると話を聞いているような
    感じになってきます。多少むかつく感じもありますが。
    今でも斬新に感じるので80年頃ではもっと斬新だったと思います。

    またAORを聴くのが趣味と言っているだけあって、
    かなり的を得た作品ばかりがピックアップされていると思います。
    20年前の作品ですが、筆者の思惑通り、ずっと聴き続けられる作品を
    纏められていると感じました。

  • 蔵書整理シリーズ何でこんな本を買ってしまったのだろうか。当時はまじめに読んだのかなー。洋楽(AORが主)を紹介するとともに,東京のデートスポットや,スノッビーな話題に,ところどころ田中康夫の主張(それほどの主張ではない)がちりばめられた本。今回はテキトーに流し読みです(当たり前か?)当然何かの雑誌の連載をまとめたものかと思ったら,後書きをみると書き下ろしだそうです。これだけのとっちらかった内容を書き下ろしとはスゴイと変なところで感心しました。ペログリ先生も昔はこんな本を書いていたんですね。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1956年東京都生まれ。一橋大学在学中の1980年に『なんとなく、クリスタル』で文藝賞受賞。長野県知事、衆参国会議員を歴任。著書『昔みたい』『33年後のなんとなく、クリスタル』他、著書多数。

「2018年 『33年後のなんとなく、クリスタル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ぼくだけの東京ドライブ (角川文庫)のその他の作品

田中康夫の作品

ツイートする