鉄道廃線跡の旅 (角川文庫)

著者 : 宮脇俊三
制作 : 古川 タク 
  • 角川書店 (2003年4月25日発売)
3.47
  • (1)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 62人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041598108

鉄道廃線跡の旅 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生のころ廃線跡を歩いたことがあるなー。あれはどこだったんだろうか。
    廃線というと乗客が少なくなって廃線になるパターンばかりかと思ったら、便利な線路に掛け替えるから廃線になるとかいうパターンもあるんだね。
    あと、南大東島に鉄道があったとは。
    乗せるのは客じゃなくてサトウキビだけど。
    この本には載ってないけど、戦前は沖縄にも鉄道があったんだってね。
    それもなんかの本にはなってるっぽいので是非読みたい

  • 稀代の鉄道紀行作家、宮脇俊三氏が「乗りつぶし」と共に世間にその存在を知らしめた鉄道趣味のジャンル、「廃線跡紀行」。きっかけは「失われた鉄道を求めて」所収の沖縄廃線跡紀行ですが、本書は後にJTBが刊行した廃線ガイドに氏が寄せた文章を1冊にまとめたものです。

    原典がガイド本という性格を反映してか、「失われた~」に比べると記述は淡々としており、紀行というより記録に近い印象を受けます。宮脇氏の体力の衰えを実感させられる記述も散見され、少々寂しい想いにも駆られます。

    しかしながらやはり宮脇氏、随所でその筆致が光り、ただのレポートに終わらせない出来栄えになっているのはさすがです。スイッチバックを目の当たりにして自らの観察眼に疑念を呈するなど、その探究心と冷徹さにはただただ唸るばかりです。

    ちなみに本書、単行本では「七つの廃線跡」というどこか気取ったタイトルでしたが、文庫化に辺り味も素っ気も無い改名がされました。どっちが良いかは人それぞれでしょうが…

  • 表紙が違うんですが…(笑)同じ角川なので中身はたぶん一緒でしょう。うん。この間読んだ本が面白かったので本屋で見つけて購入しました。廃線となった鉄道の話なので面白いというと不謹慎ですがそれでも。いろいろな意味で面白かったです。

    少し前に廃墟の写真集を買ったことがあります。放置された工場や朽ち果てる寸前のプレハブ家屋やトンネル。侘しい光景ですがそれだけではなくそれに至るまでの歴史やら背景を感じさせる写真集でした。その中に今ではもう使われていないトンネルの写真などもあって、こういうところを回ったのかなあ、なんて思いました。

    あとがきの最後に「氏は『鉄道文学』と言うレールを敷いて、銀河鉄道の乗客となった」の一文を読んで目頭が熱くなりました。この頃涙もろくていけません。年のせいかなあ…(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

宮脇俊三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鉄道廃線跡の旅 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする