結婚物語〈下〉大忙しの二日間 (角川文庫)

著者 :
制作 : さべあ のま 
  • 角川書店
3.40
  • (11)
  • (10)
  • (44)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 188
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041600047

作品紹介・あらすじ

正彦くんと陽子さん。二人の結婚は、もう永遠に実現できないと思われるほどの苦難につぐ苦難、混乱につぐ混乱の連続だった。でもやっと式の日取りも3月24日と決まり一安心。だが結婚式直前になって、肝心の新婚旅行のことを忘れていたことに気づき、また一波乱。生まれつき人の良いのんびり屋のお二人のこと、これからどうなりますやら…。結婚することがいかに大変なことか、天下の大事業かをユーモラスに描く、体験的結婚騒動記。オリジナル文庫。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勢いで続けてシリーズ3冊読みました。当時ドラマ化もされていて、それも見ていたな。

  • 本文の後に、「野生時代」の1986年新年号に掲載された「結婚物語への案内状」というインタビューが載っている。その中で作者が断言しているとおり、大半は実話ではないのだろうが、どうしても作者本人の経験を脚色して書いているように見えてしまう。昔は当然、大島正彦くんに感情移入しがちだったが、やがて原力さん(陽子さんの父親)が自分のように感じられる日が来るかもしれない。「ようこ」という名の女性が妹から「よーちゃん」と呼ばれるのは、いずこも同じ。

  •  持っている本の表紙は、ウェデングドレス姿の沢口靖子嬢(彼女も20歳前後なので、「嬢」と称するにふさわしい感じ)。黒縁・丸メガネなのに、かなり綺麗。

     当然、初読は学生時代で、興味津々に読んでいたが、結婚した後にふたたび読み返すと、体験とオーバーラップする。色々身につまされることも多い。特に、新居選びは…。

     本好きの結婚という意味でも…。

  • 下巻だけあって、結婚式の前日のお話とか、涙うるうるのシーンも多々あった本作。
    でもね、陽子さんと正彦くんの新婚生活のほうが、もっともっと気になっちゃうの。

    ぜーーーったいおもしろいから、もしまだ本屋さんで売っているの見かけたら、即ゲットですよー!
    もう1冊づつ、保存用にほしいシリーズなんですもん。

  • 結婚式への道のりの下巻.結婚式をあげる直前の二人には様々な困難が...

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

一九六〇年東京生まれ。立教大学独文科卒業。高校時代に書いた『あたしの中の……』が第一回奇想天外SF新人賞佳作を受賞し、デビュー。一九八一年『グリーン・レクイエム』で、八二年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞を受賞した。他の作品に『……絶句』『もいちどあなたにあいたいな』『イン・ザ・ヘブン』『銀婚式物語『未来へ……』等多数。趣味は碁。日本棋院の「囲碁大使」を務める。

「2018年 『素子の碁 サルスベリがとまらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井素子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする