新婚物語〈1〉新婚旅行は命がけ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.41
  • (13)
  • (13)
  • (54)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 207
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041600054

作品紹介・あらすじ

あの陽子さんと正彦くん。ふつうでは考えられないような、なが〜いなが〜い困難と苦難のすえ、やっとめでたく結婚しました。で、結婚につきものなのが新婚旅行。ふつうですと、甘〜く楽しいものと相場が決まっていますが、なにしろあの2人です。とてもとてもそんな風には…。お待たせいたしました。嘘かホントかいつも話題になるお二人の、新婚物語が始まります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結婚物語に引き続き、こちらも掘り起こして久しぶりに読み続け。

  • PARTⅢ「御飯の憂鬱」、陽子さんが思い描く朝御飯がとてもおいしそうだった。

  • 再読!懐かしくて一気読み。

    相変わらずドタバタの二人だけど、結婚って楽しそうだなって思った、当初を思い出す(中学生だったかな?)

    正彦君のボーナスが4か月分とか、エアコンと呼ばず冷やすだけの単機能のクーラーとか(温度設定ないね)、あたりまえだけど携帯電話がないとか。こういう時代の差って面白いな。

    ああそういえば、あたしが未だにフードプロセッサが買えないのは、陽子さんの流血事件のせいです!笑

  • 「結婚物語」の続編。
    新婚旅行やその後の生活を短編で綴る。
    結婚してからわかる価値観の違いなどを面白おかしく紹介。

  • (メモ:高等部1年のときに読了。)

  • さすが、陽子さんと正彦くん。
    新婚旅行先のマレーシアでも、流木と間違えてウミヘビをつかみそうになるわ、虎に遭遇するわの波乱続き。
    クーラー(! 時代を感じますねー。。)を購入するまでの陽子さんの混乱ぶりも、相変わらずのかわいらしさです。

    いまから二十年近く前の新婚さんは、こんな生活だったんですよね……。
    ああ、この本を初めて読んだときは、二十四歳くらいには、陽子さんと同じように結婚して主婦してるんだろうなーとか、思っていたのになぁ。

  • 結婚物語の続編.新婚生活のドタバタを綴った作品.この巻は新婚旅行編.

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

一九六〇年東京生まれ。立教大学独文科卒業。高校時代に書いた『あたしの中の……』が第一回奇想天外SF新人賞佳作を受賞し、デビュー。一九八一年『グリーン・レクイエム』で、八二年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞を受賞した。他の作品に『……絶句』『もいちどあなたにあいたいな』『イン・ザ・ヘブン』『銀婚式物語『未来へ……』等多数。趣味は碁。日本棋院の「囲碁大使」を務める。

「2018年 『素子の碁 サルスベリがとまらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井素子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする