新婚物語〈3〉傍若無人な冷蔵庫 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.34
  • (11)
  • (7)
  • (49)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 183
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041600078

作品紹介・あらすじ

下北沢から練馬へと引っ越した正彦くんと陽子さん。新居でもう一度、あま〜い新婚生活を考えていたお2人さん。ところが、変な冷蔵庫はあるし、猫のファージはまたまた問題をおこすし、災難は当分続きそう…。さてさて、こんなお2人さん、無事に結婚1周年をむかえられますことやら?毎度おさわがせカップルがおくる『新婚物語』-とりあえずおしまいです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こちらのシリーズも3冊続けて読んでしまった。自分が結婚した頃に読んでいたので当時はとても面白かったけど、今となっては時代背景が”当時”なので、なんだかすごく昔のような中途半端な感じも。そうか、既にそんな月日が経ったのね~

  • 我が家でも似たようなことがあったなと思いながら読んだ。と言っても、エアコンと共存できない冷蔵庫を買ったというわけではなく、夫のパンツ(特にブリーフ)を買うのは、慣れるまでは妻にとって恥ずかしいことだとか、そういうこと。

  • 再読。あー、シリーズ全部読み終わっちゃった。陽子さんと正彦君の物語はやっぱり面白いけど、読んでたあの頃の自分を思い出すなあ。
    まだ子どもだったから、「傍若無人」って言葉が分からなかったり、「特長」と「特徴」の違いももちろん。この本で学んだことも多い。そして未だに覚えてるしねー。

    そろそろ文庫化される「銀婚式物語」を楽しみに。。少しは落ち着いた夫婦になったのかなー?笑

  • 最後の「シャボン玉」の例えが素敵。

  • 陽子さん&正彦くんシリーズ最終巻。
    ほんと、これで終わってしまうのかなぁ。
    その後の陽子さんと正彦くんを読みたいんですがー。。

    結婚一周年を迎えた陽子さん&正彦くん。
    いいなぁ、こんな夫婦……って、純粋に思います。
    しかし、この人たち、もしかしていまの私より年下?!
    がっくり。

  • 前巻で引越しを下二人.ほっとする間もなくまた問題発生.結婚一周年.シリーズ最終巻.

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

一九六〇年東京生まれ。立教大学独文科卒業。高校時代に書いた『あたしの中の……』が第一回奇想天外SF新人賞佳作を受賞し、デビュー。一九八一年『グリーン・レクイエム』で、八二年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞を受賞した。他の作品に『……絶句』『もいちどあなたにあいたいな』『イン・ザ・ヘブン』『銀婚式物語『未来へ……』等多数。趣味は碁。日本棋院の「囲碁大使」を務める。

「2018年 『素子の碁 サルスベリがとまらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井素子の作品

ツイートする