もとちゃんの夢日記 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.10
  • (1)
  • (4)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041600085

作品紹介・あらすじ

ある時は巨大な伊勢えびにおいかけられ、またある時は方向音痴なRPGのキャラクターになったり…。もとちゃんの夢は摩訶不思議。いったいどうしてこんな夢がみれるの。つれづれなるままにパソコン通信に書き込んだ、痛快おもしろエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新井素子さんがパソコン通信「てくにか」で書いたものを本にしたもの…らしい。

    新井さんの夢の話、旅の話など。
    とっても面白いエッセイです。

  • 新井さんが見た突拍子もない夢のお話と旅行記の二部構成エッセイ.笑わせてくれます.

  • (1995/03)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一九六〇年東京生まれ。立教大学独文科卒業。高校時代に書いた『あたしの中の……』が第一回奇想天外SF新人賞佳作を受賞し、デビュー。一九八一年『グリーン・レクイエム』で、八二年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞を受賞した。他の作品に『……絶句』『もいちどあなたにあいたいな』『イン・ザ・ヘブン』『銀婚式物語『未来へ……』等多数。趣味は碁。日本棋院の「囲碁大使」を務める。

「2018年 『素子の碁 サルスベリがとまらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井素子の作品

ツイートする