ひでおと素子の愛の交換日記 (角川文庫)

  • 角川書店
2.87
  • (1)
  • (0)
  • (18)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 86
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041600511

作品紹介・あらすじ

人気作家新井素子のファーストエッセイ集、吾妻ひでおのとび出す絵本。現代の私小説としても楽しめる、3倍楽しい本。新井素子19歳から22歳までの大学生活中に書いた、こんなにも明るく正しい東京(練馬)の牧歌的生活。吾妻ひでおの描く新井素子のイラストを本人だと思っていた読者もいたとか。とりあえずカワイイ本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (メモ:中等部2年のときに読了。)

  • 失踪日記を読んでいたらなつかしくなってきて、図書館で借りて読んでみたのですが…
    なんというか、最初に読んだのは中学生のときで普通に楽しんだのですけど、今となってはちょっとあの文体が苦しいかも…
    しかしながら中の細かいエピソードを結構覚えていまして、それなりになつかしく楽しめました。

  • 漫画家の吾妻ひでおさんとのコラボ本。荒唐無稽な話があったりするのですが、楽しく読んだ記憶があります。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1977年「わたしの中の・・・・・・」が奇想天外新人賞佳作に入賞し、デビュー。以後『いつか猫になる日まで』『結婚物語』『ひとめあなたに・・・』『おしまいの日』などを発表。1999年に発表した『チグリスとユーフラテス』が第20回日本SF大賞を受賞。

「2021年 『ゆっくり十まで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井素子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
新井 素子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×