ひでおと素子の愛の交換日記〈3〉ぼくのせいじゃない (角川文庫)

  • 角川書店
3.23
  • (3)
  • (1)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041600535

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 色んなことによく耐えてるなあ。

  • 【内容】
    第2回新井素子小説大賞。結婚した著者など。

    【感想】
    そこはかとなく普通のエッセイになってきた。どれくらいの年月を経ているのかは知らないけど、女の子が若い女性になったってとこでしょうか。そして、吾妻ひでおさんが少しずつ壊れてってるような感もある。
    (2014年07月02日読了)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1977年「わたしの中の・・・・・・」が奇想天外新人賞佳作に入賞し、デビュー。以後『いつか猫になる日まで』『結婚物語』『ひとめあなたに・・・』『おしまいの日』などを発表。1999年に発表した『チグリスとユーフラテス』が第20回日本SF大賞を受賞。

「2021年 『ゆっくり十まで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井素子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×