ぼくらの大脱走 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.36
  • (10)
  • (10)
  • (60)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 258
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041602324

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 瀬戸内海の孤島の矯正施設に入れられた麻衣、すべては暴力的な父親によるもの・・・

    麻衣を救出するためいつものメンバーは立ち上がる。

    更生学園とは名ばかりの学園から奪還作戦をとる。

    学園の恐怖から脱走なるか。。

    高校生になったぼくらの活躍に期待

  • なかなかヘビーなお話.
    この場を一件落着させてもその後の人生まで楽観できないことはしばらく後になって気づかされる.

  • 高校生シリーズ第一弾。

  • 2013-43
    高校生になってますますパワーアップ。
    こんな施設、本当にあるのかな!
    麻衣が可哀想すぎる。

  • ものすごくドキドキします。
    何度読んでも楽しめる本です。
    個人的にはシリーズの中でもトップクラスのドキドキ感があると思います。

  • (メモ:中等部2年のときに読了。
     その後、購入しました。)

  • ぼくらシリーズ!悪い大人と戦う中高生の姿が生き生きと描かれ、実に熱く爽快な気分になります。仲間・情熱・いたずら心は失いたくないものですね!小中高生に読んでもらいたい本です!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1928年東京生まれ。1937年~45年まで愛知県で暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、1979年作家デビュー。85年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は映画化され、中高生を中心に圧倒的な人気を呼ぶ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

「2022年 『ぼくらの(超)記念日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宗田理の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×