ぼくらのミステリー列車 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.26
  • (6)
  • (12)
  • (52)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 230
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041602386

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いつもメンバーは、夏休み、旅に出る。

    各駅停車の旅を計画、

    どこに行くか行先も決めずに、気楽な旅となるはずだった。。

    旅の途中、一組の男女がきになる。。。

    何とも言えぬ独特の雰囲気、今にも命を絶ちそうな雰囲気・・・

    何かがありそうな予感

    そんな2人を追いかけているうちに自分たちも誰かに追われているのではと・・・


  • 2013-46
    これ読んで兼六園に行きたくなった。
    何年かごしで行ったけどそんなに迷路な感じではなかった。

  • 薄く、浅いのに読むのに時間がかかった。つまらなかった。

  • (メモ:中等部3年のときに読了。)

  • 初めて読んだぼくらシリーズ。

    ぼくらシリーズは本当、たくさん読んだ気がする。でもどれを読んだのか覚えてないんだこれが。

  • ぼくらシリーズ!悪い大人と戦う中高生の姿が生き生きと描かれ、実に熱く爽快な気分になります。仲間・情熱・いたずら心は失いたくないものですね!小中高生に読んでもらいたい本です!

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1928年東京生まれ。1937年~45年まで愛知県で暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、1979年作家デビュー。85年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は映画化され、中高生を中心に圧倒的な人気を呼ぶ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

「2022年 『ぼくらの(超)記念日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宗田理の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×