ぼくらの魔女戦記〈1〉黒ミサ城へ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.41
  • (13)
  • (17)
  • (59)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 237
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 0004041602513

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • イタリアにいる日比野から電話がかかってきた。
    歴史が変わるかもしれない大発見をしたというような内容を言ってきた・・・
    しかし、小野後全く連絡が取れなくなる。

    この事態を不審に思い、事件に巻き込まれたのではないかと考える

    いつものメンバー、2A探偵局、ヴィットリオ、ハルはイタリア料理のコックになるために修行をしているはずの日比野のもとへと向かう。

    メンバーを待ち構えているは・・・

  • ぼくらのシリーズ初挑戦。
    高校生に人気と聞いたが、読んでて納得。
    分かりやすい内容、やさしい表現が使われているからだね。
    でも、大事な箇所が都合よく進みすぎな感があるのが残念。
    個人的には物足りないかな。

  • 2013-73
    このシリーズの中で2番目に好きな話し。
    これ読んでイタリアに行きたくなったのよね。
    姿を消した日比野をぼくらが探しに行く話し。

  • 中学生の頃はまった、宗田理さんの「ぼくら」シリーズの
    中でも、何度読み返したかわからないほど好きな作品!
    全部で3冊の長編
    中世の町フィレンツェ、お城、わくわくしながら読んでいました。

  • ぼくらのシリーズも2年A組シリーズも大好きな自分にとって両キャラが出ていて、しかも3冊の長編。
    宗田さんのなかで一番好きなシリーズです。

    特にイタリアの街並などの描写も素晴らしくて。
    読んだのは中学生だったんですがイタリアに憧れるきっかけとなった本です。
    ヴェネツィアとか、フィレンツェとか。

  • ぼくらシリーズ!悪い大人と戦う中高生の姿が生き生きと描かれ、実に熱く爽快な気分になります。仲間・情熱・いたずら心は失いたくないものですね!小中高生に読んでもらいたい本です!

  • 一番最後に読んだ、宗田理の本です。
    かっこよく言えば、この本で、宗田ワールドから卒業したわけですね。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1928年東京生まれ。1937年~45年まで愛知県で暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、1979年作家デビュー。85年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は映画化され、中高生を中心に圧倒的な人気を呼ぶ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

「2022年 『ぼくらの(超)記念日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宗田理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×