ぼくらの魔女戦記〈3〉黒ミサ城脱出 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.39
  • (12)
  • (13)
  • (57)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 225
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041602539

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自身初めてのぼくらシリーズ
    とても丁寧で分かりやすいストーリー。
    予想のつかない展開ばかりでドキドキハラハラしっ放しでした。一気に読んでしまい、とても面白かったです!
    ほかのシリーズも読んでみたい!

  • 僕らシリーズで唯一の三冊に渡る長編。
    一二巻でそれぞれ別々に行動して、三巻で遂に直接対決という流れが素晴らしい。

  • 2013-75
    ぼくらと魔女との対決!

  • 懐かしいな。中学生の頃、新刊が出るたび読み続けてきたぼくらシリーズ。魔女戦記を読んで、夏休みの自由研究は「中世の魔女狩り」についてだったし、未知の世界を想像力をフルに働かせて情景を思い描いて。。今では知識や情報が増えて、まっさらなところからあそこまで想像力を働かせて未知の世界にドキドキして読書するなんて出来ないだろうな。イタリアってどんなところ?そこに暮らす人って?魔女って本当にいるのかな?メディチ家?いつかフィレンツェに絶対行くんだ!と、そこから今に続く私の興味の対象が定まっていった気がする。この小説がその後の私の人生にどれだけ影響を与えたか計り知れず。本当に印象に残る特別な作品。あの頃読めて本当によかったなと思う。今読んだらどんなだろう?久々に読んでみようかな。。

  • ぼくらシリーズは中学校の図書館で借りて読んでたから、卒業してから全く読まなくなった。
    このころは表紙絵の雰囲気が好きだから読めた気がする。

  • ぼくらシリーズ!悪い大人と戦う中高生の姿が生き生きと描かれ、実に熱く爽快な気分になります。仲間・情熱・いたずら心は失いたくないものですね!小中高生に読んでもらいたい本です!

  • 魔女が出てくるとか、子供達だけで海外で行動するとか。
    今考えればあまりないことなのだけど、当時は面白くて仕方がなかった。
    それだけは覚えています。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1928年東京生まれ。1937年~45年まで愛知県で暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、1979年作家デビュー。85年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は映画化され、中高生を中心に圧倒的な人気を呼ぶ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

「2022年 『ぼくらの(超)記念日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宗田理の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×