ぼくらの卒業旅行(グランド・ツアー) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.20
  • (5)
  • (10)
  • (56)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 213
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041602560

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013-78
    過去の過ちを現代の私たちは決して忘れちゃいけない。
    ただこの話しは詰め込みすぎな感じはある。

  • 題名からわかるように青春って感じのお話しでした。・・・シリーズものだと知らずに読んだので登場人物達の背景がいまいち理解できませんでした。
    ちゃんとあとがきを見てから読むべきだった。

  • ぼくらのシリーズは好きですが、
    この本はつまらなかったです。
    戦時中に日本がこんなことをしていたのかと知ろうとするきっかけにはなりました。しかし、シリーズのほかのものに比べてドキドキ感がありませんでした。

  • 最高につまらない。話が支離滅裂。

  • なんつーか、話の内容が分からん。
    まだあたしが子供なことが原因なんだろうけど。

    もうちょい知識を身に付けてから読み返そーっと。

  • ぼくらシリーズ!悪い大人と戦う中高生の姿が生き生きと描かれ、実に熱く爽快な気分になります。仲間・情熱・いたずら心は失いたくないものですね!小中高生に読んでもらいたい本です!

  • 仲間の冴子との別れ。「涙なしのお別れ会」で号泣してしまう英二にもらい泣きしてしまった。高校3年生のぼくらが、アジアへ、ガイドブックに載っていないようなところを見ていく。とても勉強になるし、日本人がいかにアジアに対してしてきたことを知らないのかをつきつけられる作品。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

宗田 理(そうだ おさむ)
1928年、東京生まれの作家。父を亡くし、母の実家愛知県で1937年~45年まで暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、『未知海域』が情報小説として高く評価され直木賞候補となったことをきっかけに、1979年作家デビュー。
1985年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は宮沢りえ主演で映画化され、当時の中高生を中心に圧倒的な人気を呼んだ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

ぼくらの卒業旅行(グランド・ツアー) (角川文庫)のその他の作品

宗田理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする