ぼくらののら犬砦 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.21
  • (4)
  • (9)
  • (46)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 184
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041602584

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2013-79
    浪人とはいえとうとう先生になった英治。
    大人になっても変わらないぼくらと今時の子供たちの交流。

  • 中学の時に一度読んだけれど、それ以来でした。
    このシリーズは読み込んでいるのばかりだったので、ドキドキが他のよりあり楽しめました。

    クライマックスまでにいくつか事件などがあり、とても楽しめると思います。

  • ぼくらシリーズ!悪い大人と戦う若者の姿が生き生きと描かれ、実に熱く爽快な気分になります。仲間・情熱・いたずら心は失いたくないものですね!小中高生に読んでもらいたい本です!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1928年東京生まれ。1937年~45年まで愛知県で暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、1979年作家デビュー。85年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は映画化され、中高生を中心に圧倒的な人気を呼ぶ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

「2022年 『ぼくらの(超)記念日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宗田理の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×