ぼくらのグリム・ファイル探険〈上〉 (角川文庫)

著者 : 宗田理
  • 角川書店 (1998年12月発売)
3.26
  • (3)
  • (11)
  • (42)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :162
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041602607

ぼくらのグリム・ファイル探険〈上〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ぼくらシリーズの仲間が,20代になってのお話。
    シリーズに詳しければ,さらに楽しめると思う。

  • 2013-81
    このストーリー好き。
    まさに情報にふりまわされる世の中になってきた。
    まともなら説明できないような事件ばっかり。

  •  「ぼくら」シリーズで初めて読んだのがこの作品。母が買ったんですけどね、実際。それまで家にあったのは「七日間戦争」だけで、しかも私は読んだことがありませんでした。
     読んだら面白くて、それから数年。高校の図書室にところどころが抜けつつも「ぼくらシリーズ」の大半が入れてあったので、一冊ずつ借りて読みましたとも。なんかこういう一致団結は感動できる。

  • これはおもしろかったから覚えてる。

  • ぼくらシリーズ!悪い大人と戦う若者の姿が生き生きと描かれ、実に熱く爽快な気分になります。仲間・情熱・いたずら心は失いたくないものですね!小中高生に読んでもらいたい本です!

  • 宗田理氏との出会いの作品。
    発想と話の展開に息を呑んだのを今でも覚えています。

全6件中 1 - 6件を表示

ぼくらのグリム・ファイル探険〈上〉 (角川文庫)のその他の作品

宗田理の作品

ぼくらのグリム・ファイル探険〈上〉 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする