マミーよ永遠に (角川文庫)

著者 : 宗田理
  • 角川書店 (2003年9月発売)
3.61
  • (4)
  • (3)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041602737

マミーよ永遠に (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了 2013/10/26

    自由な校風で知られる、名門・生生学園高校にめでたく合格した関谷周一と荒木猛。ご機嫌で入学式を迎えたふたりだったが、いきなり、度肝を抜く出会いが待ちかまえていた!
    それは、万年一年生にして料理の天才「マミー」こと倉地麻美。おばさんのような貫禄、先生ともタメ口をきくマミーは、実は学校中の人気者。みんな最初は呆気にとられるが、マミー特製の「マミー焼き」に惚れこんで、次第に彼女のペースに巻き込まれていく…。
    お料理上手のトラブルバスター、マミー登場!爽快な学園小説。

  • だいすき

  • 愛読してます。

    マミーみたいな人がいたらなあと思います。高校生活楽しすぎだろ!と。
    すぐ読めちゃうのも良いところだと思います。面白いし。
    ただ読み終わった後に、もうほんとにマミー焼きが食べたくなります。
    誰か作ってー

  • テンポがいい。

  • シリーズものよりもおもしろい。

  • 話が短編短編でスラスラ読めます。登場人物がみんな理想の学生生活を送っていてウラヤマシイ!この小説の中に入って登場したいくらいさ!

  • 進研ゼミでであった1冊。
    是非マミー焼きを現実化させて欲しい。

  • マミーのカリスマ性は本当すごい<br>
    こんな人と出会えたらなと思ってしまう

全9件中 1 - 9件を表示

マミーよ永遠に (角川文庫)のその他の作品

宗田理の作品

マミーよ永遠に (角川文庫)に関連する談話室の質問

マミーよ永遠に (角川文庫)はこんな本です

ツイートする