早咲きの花 子どもたちの戦友 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
4.08
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041602751

作品紹介・あらすじ

昭和18年、東京から愛知県にある海沿いの国民学校へ転校した真次。無人島の宝探しや炎天下のスイカ泥棒、子ども同士の決闘など、大自然の中を駆け回っているうちに、彼らはかけがえのない親友になった。だが、やがて真次たちは戦争の渦に否応なく巻き込まれる。学徒動員により豊川工廠で働いていた子どもたちは、一面を焼き尽くす苛烈な空襲の下、捨て身の覚悟で互いを守り合った…。史実を元に戦下の友情を描いた感動作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 序章◆三河湾◆宝島◆めのうの曲玉◆別れの日◆一億総特攻◆少年の日◆終章

    著者:宗田理、1928西尾市出身、小説家、日本大学藝術学部映画学科卒

  • 戦時中の絆、友情、今では忘れられているもの。この時代の子供たちは、強く、たくましく、そして何よりも心が豊か。今の時代にこそ、読んでもらいたい本。

  • 映画化作品。
    史実を元に戦下の友情を描いた感動作。
    昭和18年,東京から愛知の国民学校へ疎開した少年。
    自然の中を駆け回って遊ぶうちにかけがえのない親友ができる。
    しかし,戦争はそんな少年たちも巻き込んでいく。
    豊川工廠で働いていた彼らは,苛烈な空襲の中,
    捨て身の覚悟で互いを守り合う。
    本作は現代の不登校の子どもがその話を聞くという形式をとる。
    著者自身もあとがきで現代と戦時の子どもを比較して述べている。
    彼らの未来には死が待っていたというのに,目は輝いていた。
    現代の子どもたちはなぜ目が輝いていないのか。
    なぜ不安ばかり口にしているのか。
    決して,戦時を生きた人たちが当時を美化しているだけではない。
    個人的には,戦後の復興政策にその端緒があると思うが,
    過去を論じても仕方ないので,未来を少しでも変えていきたい。

  •  宗田理さんといえば、懐かしき「ぼくらの七日間戦争」を書いた作家さん。
    「ぼくらの〜」シリーズはものすごくたくさん続いていて、
    かなり長い間読んでいました。
    この本は「ぼくらの〜」シリーズ以外で初めて手にした宗田さんの本です。
    「ぼくらの〜」シリーズもそうなんだけど、
    宗田さんの本はのキーワードって“友達”って気がします。
    これも、戦時中の苦しい中の子供たちのことを書いています。
    読んでて、さすがにグロテスクな表現が出てくるのが辛かったんだけど、
    小さな子供たちの大きな友情に涙が出てきました。

  • 18年8月
    とても良い本に出会いました。子供の目線で見る、家族や、友達や、たくさんの人に囲まれて生きてることの意味など。当たり前に与えられているものがどれだけ、大切なものか気づかされます。
    ぜひ読んでほしいです。とてもとても良い本です。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1928年東京生まれ。1937年~45年まで愛知県で暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、1979年作家デビュー。85年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は映画化され、中高生を中心に圧倒的な人気を呼ぶ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

「2022年 『ぼくらの(超)記念日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宗田理の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×