時の魔法使い (角川文庫 (5957))

著者 : 原田知世
  • 角川書店 (1984年11月発売)
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041605011

時の魔法使い (角川文庫 (5957))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一昨日11月28日は、原田知世さんの50回目の誕生日でした。あの知世ちやんが50歳とは、信じられぬ感じがします。
    なぜそんなことを知つてゐるかといふと、彼女がデビュウした頃、わたくしは相当なファンであつたからです。毎年11月28日に出る「バースデイ・アルバム」は必ず購買してゐたものです。

    本業の映画も、近所の「グランド中央(現在の「トヨタグランド」。どうでもいい情報ですが)」にて鑑賞したものであります。ただ、当時彼女の映画の併映が、大体薬師丸ひろ子さんの映画で、そちらの方が面白いといふ困つた事態もありました。
    ウム、角川三人娘といひながら、①薬師丸ひろ子②原田知世③渡辺典子といふ序列は明らかでした。丁度日活で①石原裕次郎②小林旭③赤木圭一郎の順番で、金と力の入れやうに差が付いてゐたのと同様ですな。

    他にも、カレンダーとか写真集とか、入手できるものは概ね購買したものです。そしてエッセイ集を出すとなれば、それも買ひました。それが本書『時の魔法使い』であります。彼女は当時、まだ17歳。
    友人たちからは「実際に本人が書いたと思つてゐるの? 商策に乗せられた情けない奴!」などと莫迦にされました。

    さういふアイドルの身辺手記なので、まあまともな読書子なら眉を顰め、とても読書の対象となる一冊ではありませんが、まあ好いぢやん。それに、本書で初めて知つたモノもあります。
    それは「名古屋の隠れ名物・天むす」の話。今でこそ有名な天むすですが、当時は名古屋でも知らぬ人が多かつた。それを当時の彼女は、名古屋へ行くたびに食すると語り、その味を大絶賛してゐます。いつもお土産に十二個入りを二箱買つてゐたさうです。思ひ出しただけで「なまつばゴクリ」なんだとか。
    スーパーとかで普通に売られ始めるのは、その後しばらくしてからなので、先見の明があつたと申せませう。

    といふ事で、今回はまことに懐かしい一冊でした。ぢやまた。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-725.html

全1件中 1 - 1件を表示

原田知世の作品

時の魔法使い (角川文庫 (5957))はこんな本です

時の魔法使い (角川文庫 (5957))を本棚に登録しているひと

ツイートする