本因坊殺人事件 (角川文庫 (6030))

著者 : 内田康夫
  • 角川書店 (1985年4月1日発売)
3.26
  • (3)
  • (5)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :97
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607022

本因坊殺人事件 (角川文庫 (6030))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なかなか良かった。読み応えのある作品だと思う。
    特に囲碁好きな人にとってはたまらないだろうな。
    結末はしっくりこないが、最後まで飽きさせない作品だと思う。

  • 囲碁については何一つ知識がないのだけれど、考慮時間を暗号とした推理小説だったので難しくはなかったな。
    展開というよりはテンポが良くスイスイ読めるし、背景や人物描写もさすが。
    推理を進めていくうちに真相がどんどんと色濃く確実になってくる。
    つか、結局政治家がらみっていう点がおもしろくなかったなー。政治家は黒い部分が昔からあるんだね。そして市民を巻き込んで殺人までしちゃうっていうのは、本当にありそうとか思っちゃったよ。
    あと、気になったのはラストで、世間的には迷宮入りの事件として片付いたオチになっていて、真相は本人が解っているだけでって、コレってまた事件が起きそうじゃないの?って突っ込みたくなる感じだった。

  • 00.8.26

  • 犯人が分かりやすいけど展開が実に良い

  • 囲碁の世界で繰り広げられる殺人事件。<br>
    犯人との鬼気迫るやり取りが最高。

全5件中 1 - 5件を表示

本因坊殺人事件 (角川文庫 (6030))のその他の作品

内田康夫の作品

本因坊殺人事件 (角川文庫 (6030))はこんな本です

ツイートする