本因坊殺人事件 (角川文庫 う 1-2)

著者 :
  • KADOKAWA
3.26
  • (4)
  • (5)
  • (26)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 124
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607022

作品紹介・あらすじ

宮城県鳴子温泉で高村本因坊と若手浦上八段との間で争われた天棋戦。高村はタイトルを失い、翌日、荒雄湖で水死体で発見された。観戦記者・近江と天才棋士・浦上が謎の殺人に挑む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何度も読んでしまいます。
    よくできたストーリーです。

    ほんの少しの動機でも殺人を犯してしまう。

    人間とは怖い生き物です。

  • なかなか良かった。読み応えのある作品だと思う。
    特に囲碁好きな人にとってはたまらないだろうな。
    結末はしっくりこないが、最後まで飽きさせない作品だと思う。

  • 囲碁については何一つ知識がないのだけれど、考慮時間を暗号とした推理小説だったので難しくはなかったな。
    展開というよりはテンポが良くスイスイ読めるし、背景や人物描写もさすが。
    推理を進めていくうちに真相がどんどんと色濃く確実になってくる。
    つか、結局政治家がらみっていう点がおもしろくなかったなー。政治家は黒い部分が昔からあるんだね。そして市民を巻き込んで殺人までしちゃうっていうのは、本当にありそうとか思っちゃったよ。
    あと、気になったのはラストで、世間的には迷宮入りの事件として片付いたオチになっていて、真相は本人が解っているだけでって、コレってまた事件が起きそうじゃないの?って突っ込みたくなる感じだった。

  • 00.8.26

  • 犯人が分かりやすいけど展開が実に良い

  • 囲碁の世界で繰り広げられる殺人事件。<br>
    犯人との鬼気迫るやり取りが最高。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

「2022年 『日蓮伝説殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 康夫
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×