戸隠伝説殺人事件 (角川文庫 (6222))

  • 81人登録
  • 3.25評価
    • (2)
    • (6)
    • (22)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 内田康夫
  • 角川書店 (1985年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607046

戸隠伝説殺人事件 (角川文庫 (6222))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戸隠神社に行ったばかりなので、土地勘がある。
    土地勘があると読んでいて楽しいよなーと思って、借りた本。
    内田康夫さんらしい設定。
    そして、最後も。
    内田康夫シリーズは好きなのだけど、最後がこういう結末になるパターンが多くて、それが少し残念。。
    でも、戦時中は、人間が人間の心をなくしていたと思うから、この小説のような出来事は、実際に起こっていたかもしれないな。と思う。
    戦争は、人間が人間の心をなくして、それに気づかず、それが当たり前だと錯覚する人が増えるのだと思う。

  • 戸隠の鬼女伝説になぞらえた連続殺人事件。動機は最初から提示されておりサスペンスのようでもありましたが…実行犯が誰かなかなか分からなくて面白かったです。ここまでの内田先生で一番楽しめました。

全2件中 1 - 2件を表示

戸隠伝説殺人事件 (角川文庫 (6222))のその他の作品

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする