赤い雲伝説殺人事件 (角川文庫)

著者 : 内田康夫
  • 角川書店 (1986年7月1日発売)
3.12
  • (1)
  • (8)
  • (20)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :134
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607053

赤い雲伝説殺人事件 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あっけなく終わってしまった感じが…

  • 「ここに来て気付いたのだけれど、いたるところに立つ看板ですね。

    推進派と反対派では『原子力発電所』という言葉に対する表現の仕方が違うのですね。

    推進派は『原電』といい、反対派は『原発』といっています。」



    赤い雲伝説殺人事件 (廣済堂文庫) 赤い雲伝説殺人事件 (廣済堂文庫)
    (2010/03/13)
    内田 康夫

    商品詳細を見る


    「赤い雲伝説殺人事件」は浅田光彦シリーズの第三作、1983年の発表です。

    素人画家・小松美保子の「赤い雲」を買った老人が東京のホテルで殺され、絵が盗まれる。

    絵は瀬戸内海の小島「寿島」描いたもの、ところがその島は原発誘致問題に揺れていた。


    この「岬の町大網町」と「寿島」のモデルは、原発建設問題で揺れる山口県上関町と祝島である、と作者は言っています。

    2013年の現在、上関町は推進に傾いているが、一方の当事者中国電力が福島原発の事故を受けて及び腰となり、建設の目処は立っていません。


    30年前の作品でありますが、内田康夫さんの恐るべき慧眼と言わねばならないでしょう。


    辛らつな批評家としても有名な吉本隆明さんが「浅田光彦シリーズ」のファンと聞きますが、娯楽としての一読者であるとしても、

    好感をもたれるのはこういう作品があるからなのでしょう。

  • 原発推進か否かで結果が注目された山口県上関町長選。そのニュースにふれて思い出して再読した。
    殺人事件の背景にある「原発問題」。舞台となっているのは瀬戸内海に面した「寿島」と「大網町」。この寿島は祝島を、大網町は上関町に、まさに置き換えられるわけだ。
    この作品は1983年に発表されている。この当時からすでに30年。ずっとこの町=上関町は、原発によって町が二分されてきたのだと、妙に実感できる。著者が登場人物に言わせている次のセリフが、福島原発事故を受けたこんにち、考えさせられる…

     原発問題なんてものは、そこに住む人間か当事者でなければ、なかなか深刻には考えませんからねえ。

  • あれ、また別の女性?と思いましたが置いておいて、原発誘致が根底にあり少しだけ考えさせられる面がありました。まああとは普通に2時間ドラマ的な楽しさでした。

  • ある一人の女性が書いた赤い雲上る島の絵。それはこの島の住人にとっては大きな意味があった。

  • 少しずつ先読みさせながらも、展開されるお話にわくわくどきどき。

全8件中 1 - 8件を表示

赤い雲伝説殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする