恐山殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.28
  • (3)
  • (5)
  • (31)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 152
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607114

作品紹介・あらすじ

「博之は北から来る何かによって殺される…」恐山の祖母サキの予言通り、青森県下北半島出身の音楽教室講師・杉山博之は東京のマンションで変死体で発見された。そして杉山の同僚、高川伸男も「北」からの恐怖に怯えながら謎の死を遂げる。「北から来る何か」とは?そして杉山が藤波紹子に残した紫水晶とは?真相究明の依頼を受けたルポライター浅見光彦はよびよせられるように「北への旅」へ向かった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • イタコのはなし。

  • 「博之は北から来る何かによって殺される…」恐山の祖母サキの予言通り、青森県下北半島出身の音楽教室講師・杉山博之は東京のマンションで変死体で発見された。そして杉山の同僚、高川伸男も「北」からの恐怖に怯えながら謎の死を遂げる。「北から来る何か」とは。そして杉山が藤波紹子に残した紫水晶とは。真相究明の依頼を受けたルポライター浅見光彦はよびよせられるように「北への旅」へ向かった。

  • 浅見光彦の公式第21事件
    公式第1事件の「後鳥羽伝説殺人事件」にレビュー

  • この話、かなりオカルトっぽくて読みやすく?、一日で読んでしまった。
    けど、ちょっと疑問が残った。
    杉山はどうして藤波紹子に紫水晶を渡したんだろうか。
    彼女とは因縁がある、ってのはわかるけど その因縁の理由が理由だけに、彼女を自分の嫁さんとして迎えようと思っていた杉山の気持ちがわからない(--;。
    一方でこの物語は、藤波紹子という女性のシンデレラストーリーでもある。
    気味が悪いほど幸運に見舞われ、彼女が女優としていきなりデビューできたのはやはり・・・約二十年前に亡くなった某女性の生まれ変わりだった、的なことを意味するのだろうか。
    ラスト近く、傷心疲弊した浅見に無神経な問いをぶつける藤波紹子が無性にうっとおしく感じた。
    私としちゃ、浅見が袖にしたイタコの血を引く角館の彼女のほうが好きだなぁ(笑)。

  • おばけが怖い浅見さんのお話として、なかなか楽しめました。

  • 恐山の祖母サキの予言「博之(孫)は北から来る何かによって殺される……」

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

「2022年 『日蓮伝説殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×