天河伝説殺人事件〈上〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.38
  • (5)
  • (9)
  • (33)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 146
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607138

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高校生の頃、浅見光彦シリーズはたくさん読みました。天河伝説は映画にも
    なったのでよく覚えてます。水戸黄門の印籠のような刑事局長の兄が出てくるところが毎度楽しい。

  • 能の水上流宗家・和憲には、和鷹、秀美という二人の孫がいた。巷では、異母兄妹になるこの二人のうちどちらかが将来、宗家をつぐだろうといわれていた。だが、舞台で道成寺を舞っている最中、和鷹は謎の死を遂げた。そして宗家・和憲も理由もなく突然行方不明に…。一方、新宿の高層ビル街で、一人の男が突然苦しみ倒れた。その側には天河神社のお守りである「五十鈴」が…。舞台は東京から、吉野・天川へ―。

  • 普段「2時間ドラマ原作本」みたいな本はあまり読まないのですが、GWに行った天河神社関係という事で試読み。能の家元の跡目を巡る事件。
    「殺人事件」なんて、天河神社を愚弄する内容だと嫌だなと思いつつ、そんな内容ではなく、著者はむしろ天河神社に好意をもって書いているので一安心。能や南北朝あたりの歴史はちょっぴり参考になります。オチはいまいちですが。

  • 日光、吉野などを舞台とした作品です。

  • 上下巻。

  • 数ある浅見光彦作品の中でもNo.1だと思うなー

  • 内田康夫の中でも、好きな作品。能と天河、素敵。

  • 中学のときに、初めて読んだ内田康夫。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

「2022年 『日蓮伝説殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田康夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×