菊池伝説殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.19
  • (3)
  • (6)
  • (30)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 174
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607190

作品紹介・あらすじ

フリーライター浅見光彦は雑誌の取材で名門「菊池一族」発祥の地、熊本県菊池市に向かう。車中で知りあった菊池由紀の父親が殺され、容疑は彼女の恋人に。菊池一族にまつわる因縁とは? 浅見が謎に挑む!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フリーライター浅見光彦は雑誌の取材で名門「菊池一族」発祥の地、熊本県菊池市に向かう。新幹線車中で知り合った美女、菊池由紀は泣いたかと思えば笑いだす情緒不安定。彼女も菊池市に向かうという。
    ところが、熊本駅で彼女を尾行してきた長野県警の丸山刑事に彼女の父親が長野県“親王塚”で殺されたことを知らされる。容疑は由紀の恋人辻綾一にかかっており、彼女がその逃亡を助けた疑いがあるという。何故由紀の父親は殺されたのか。菊池一族にまつわる因縁とは何のか。謎は深まり、名探偵浅見光彦の推理が始まる。

  • 浅見光彦の公式第36事件
    公式第1事件の「後鳥羽伝説殺人事件」にレビュー

  • 「菊池」さんにまつわるお話。
    いろいろとショック…

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

「2022年 『日蓮伝説殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田康夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×