耳なし芳一からの手紙 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.22
  • (3)
  • (9)
  • (40)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 221
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607237

作品紹介・あらすじ

下関からの新幹線に乗りこんだ男が死んだ。差出人”耳なし芳一”からの謎の手紙「火の山で逢おう」を残して。偶然居あわせたルポライター浅見光彦がこの謎に迫る! 珠玉の旅情ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • #2671-433


  • 終戦直後の混乱時には、計り知れない事が、その後の人生に大きく左右する~。

  • 下関から新幹線に乗りこんだ男が「あの女にやられた」と叫び、突然の死を遂げた。あとに残されたのは「火の山で逢おう」という謎めいた手紙。そして差出人は“耳なし芳一”となっていた。偶然車中に居あわせたルポライター浅見光彦は、嫌疑をかけられた漫画家志望の家出娘池宮果奈、と自称ヤクザの高山に救いの手を差し伸べたばかりに事件にかかわることになってしまった。「あの女」とは誰なのか、“耳なし芳一”が企む過去からの復讐とは―。絶好調“浅見光彦シリーズ”舞台は長州下関へ―。

  • 浅見光彦の公式第44事件
    公式第1事件の「後鳥羽伝説殺人事件」にレビュー

  • 個人的には浅見シリーズの中でも特にお気に入りの作品。内容がというより登場人物、特に池宮里奈と高山のキャラややり取りが面白い。

  • 下関などを舞台とした作品です。

  • いつものように浅見ファンに借りた本。先日下関の「赤間神宮」に行ったばかりなのである意味興味深く読んだ。話は内田さんの小説によくある戦争が関連したものだった。

  • 河豚をフクっていうのかーなど。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

「2022年 『日蓮伝説殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 康夫
内田 康夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×