讃岐路殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.25
  • (3)
  • (6)
  • (25)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 151
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607251

作品紹介・あらすじ

浅見光彦の母・雪江が四国霊場巡りの途中で、交通事故に遭い、記憶を喪失した。東京に連れ戻された雪江はやがて記憶を取り戻したが、事故の加害者・久保彩奈が瀬戸大橋で自殺。浅見は母に命じられたまま香川県高松へ向かった。彩奈の不可解な死に疑問を抱いた浅見は独自の調査を開始する。そして、事件の重要な手掛かりを掴んだとき、彩奈の兄が「ウラシマ・タロウノ・ホコ…」とダイイング・メッセージを遺して殺された。讃岐路に浅見光彦の推理が冴える旅情ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 浅見光彦の公式第33事件
    公式第1事件の「後鳥羽伝説殺人事件」にレビュー

  •  今回は、浅見さんのお母様が、お遍路さんをしようとしたところから、始まった話。

     そこで、お母様が車に引っかけられて。
     その事故を起こした女の人が、自殺したというニュースを見て。
     お母様が、自分と事故を起こしたのを苦にして自殺したのか、心配して、浅見さんが、その真相を確かめに出向く……。

     という、お話なんですが。

     最近、前程、浅見さんにトキメキを覚えなくなっていて。
     この系統の話は、どうもあんまりおもしろくない(ぁ)。

     それは多分、作者がどうのって問題ではなく。
     僕が大人になって。
     浅見さんの偽善的な部分とかそういうのが見えるようになって。
     そういうのが鼻につくようになってしまったんだと思う。
     それから、後、もう一つ言わせてもらうとするならば。

     作者は浅見さんをいいように書こうとし過ぎなような気もします。
     まぁ、それはあくまでも僕の主観、なので、あまり気にすることではないと思うけど。

     それはさておき。
     しばらくこのシリーズばっかり読むのは止めようかと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

「2022年 『日蓮伝説殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 康夫
内田 康夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×