「首の女(ひと)」殺人事件 (角川文庫)

著者 : 内田康夫
  • 角川書店 (1993年3月1日発売)
3.15
  • (1)
  • (5)
  • (25)
  • (2)
  • (0)
  • 102人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607268

「首の女(ひと)」殺人事件 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サブテーマは高村光太郎、智恵子、懐かしい話。

    秀作。

  • この物語を読むと、高村光太郎の智恵子への偏執的な愛(というべきか)や、光太郎の作品に興味を引かれる(^.^*
    また、この話の中に出てくる宮田という男の、真杉伸子へのねちこい?愛情がまた、光太郎・智恵子のに似て、「うぉぉ」と思う。
    智恵子の故郷が、福島の安達太良山を臨む二本松の辺りだとは知らなかった。
    安達太良は私の実家からもよく見えるだけに、その辺りの描写を読むと風景が思い浮かぶようでとても懐かしい気がした(^-^*。

    ・・・それにしてもこの話の中に登場する「真杉伸子」だが、光太郎に想われる智恵子に似てかなりの美人なのだろう。
    だけど、浅見とのやり取りの中で 妙に気を持たせ、じらすシーンがあり、彼女が自分の美貌とモテることを意識して振舞い、主導権を握っているような、悪女的な嫌らしさを感じて「こういう人とはあんまし友達になりたくないなぁ」と思った^^;
    その点、浅見と同級生の真杉伸子の妹「光子」は性格もさっぱりしており、ヘンな嫌らしさがなくて、いい。色気よりサッパリ系の女性のほうが、私好み(笑)。
    男性も、宮田のような神経質で思い込みが激しい男は、ちょっとどうかなぁと思う。
    それについて、物語の最初の辺りで光子が宮田の第一印象を鋭く評する記述があるが、私もそれには同感で(笑)鋭いなぁ、と思った(^_^;
    (高村光太郎に熱狂的に愛された智恵子も、内心じゃ・・・自分を買いかぶられた部分もあって、精神的に苦しかったんじゃないだろうか?)
    この物語、自分的には、いろんな人物の性格(キャラクタ)の交差がなかなか面白かった。

  • いつもより俄然フランクな口調の浅見さんが新鮮でした。
    蝉、本物はどんな感じなのか気になります…

全5件中 1 - 5件を表示

「首の女(ひと)」殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

「首の女(ひと)」殺人事件 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする