浅見光彦殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.35
  • (11)
  • (20)
  • (64)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 309
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607275

作品紹介・あらすじ

詩織の母は「トランプの本」と言い残して病死。父も「トランプの本を見つけた」というダイイング・メッセージを残して非業の死を遂げた。途方にくれた詩織は浅見を頼るが、そこにも死の影が迫り……!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは、浅見光彦シリーズを何冊か読んだ方が、読んだほうがいいと思います。

    そして、感想はかかないほうが良いと思いました。

  • タイトルを見て「いやそれはないでしょ」と思いながら読み進めてました。
    何となく、違和感をおぼえながら読み進めていたので、
    ラストの展開にも納得できる感じがしました。
    関連作品も読んでみたいと思います。

  • 内田康夫というと、歴史と紀行と浅見光彦。ということで、広島で殺された父の死の謎を解明するため、北原白秋の詩集を求めて、福岡は柳川へ。

    作者本人も書いており、タイトルからも分かる通り、浅見光彦シリーズの中でも異質なストーリー展開となっている作品。ネタバレになるので書きませんが。

    ざっくりと書くと、大きなどんでん返しのために、小さな話はちょっと違和感を感じるほどにすんなり進んでいくこと。それがまた、漠然と起こって、最後まで全く糸口が見えないのは、シリーズを読んでいる人には不満なのではないかと思う。

    また、内田康夫の歴史・紀行部分が好きな人にとっても、柳川がちょろっと出てくるくらいで、言うほど風景の描写も少なく、煮え切らない作品になる。

    「ナンタラ伝説殺人事件」的な伝説伝承の由来をガチガチに固めてくる作品のなかで、気軽に読める箸休め的な一本ではある。

  • 詩織の母はいまわの際に「トランプの本」と言い残して病死。そして、詩織の父・大輔も出張先の広島で「トランプの本」を見つけたというダイイング・メッセージを残して非業の死を遂げた。さらに大輔の部下、野木もまた九州・柳川から「面白い物を見つけた」という葉書を詩織あてに書いた直後に失踪。途方にくれる詩織がたよれるものはもはや浅見光彦しかいない。ところが、その浅見にも死の影が…。傑作長編ミステリー。

  • 初の浅見光彦シリーズ。
    表紙裏の作者の言葉に、次の様なお願い事項あり。
    「この本は、浅見光彦シリーズを3冊以上読んでいない人は、買わないでください」

    3冊どころか、初だよ。
    そして、買った本ではなくて、図書館から借りた本だよ。
    作者の内田氏に申し訳ないです。

    メインのトリックは、なんとなく想像できたけど
    ヒロインの目線でストーリーが進んでいくので、彼女の不安や焦りの様子をみて、ハラハラできた。
    犯人もなんだか悲しい人だ。
    悪い人への処遇が曖昧で、少しモヤっとする。
    少し凝った話が好きと言いつつ、勧善懲悪のオーソドックスな構成が、結局好きなのかもしれない。

    (2015.1.27 読了)

  • 購入してから、筆者からの忠告に気づいた。まぁ、テレビシリーズは何度も見ているから大丈夫だろうと読み始めた。浅見登場から何となく気づき、読み進めるごとにそれが確信に変わった。シリーズファンならすぐにわかると思う。サクサク読めた。

  •  これね、最初はなんとも思わなかったんですけど。

     ネタを知ってしまってから読むと、おかしいところがいっぱいあるんだよね……。
     そして、この本が「浅見光彦シリーズ」の最初だとおもしろくない……という。

     何で、これ読んで最初に気がつかなかったのか、今は不思議でならない(苦笑)
     これはこれで、とってもおもしろいかもしれない。

  • 浅見光彦の公式第48事件
    公式第1事件の「後鳥羽伝説殺人事件」にレビュー

  • おばあちゃんちにあった本。意外と面白かった。ただ、浅見光彦シリーズをあまり読んだことがなかったので、このシリーズの他の本を何冊か読んだ後に、これを読んだ方が良かったのかなと思った。。

  • これって映像難しいよねって言う感想もどうかと思うが読み終わってそう思った(笑)浅見さん側からの語りがないし登場の仕方がいつもと違うし浅見さんらしくないなって読んでた。途中で【もしかして・・・】って思ったらそうだった。何冊か浅見さんを読んでる人は比較的早くにからくりがわかるかも。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

「2022年 『日蓮伝説殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×