少女像は泣かなかった (角川文庫)

著者 : 内田康夫
  • KADOKAWA (1998年8月31日発売)
2.89
  • (0)
  • (2)
  • (15)
  • (0)
  • (2)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607435

作品紹介・あらすじ

毎朝、涙を流すという少女像。だが、持ち主が謎の自殺を遂げた朝だけ、このブロンズ像が泣かなかったのは何故なのか。奇蹟の像が警告する犯罪に迫る表題作ほか、ひとりきりの夜、ラジオから流れる歌曲の途中に聴こえたノイズのために、身の危険に晒される「踏まれたすみれ」など、車椅子の少女・橋本千晶と娘を失った捜査の鬼・河内刑事の心の交流が難事件を解決していく名品四編を収録。

少女像は泣かなかった (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下手な恋愛物より、ずっと面白い。
    通勤電車のお供です。

  • …短編集スキーとしては、結構好きな感じ。安楽椅子探偵かと思いきや、意外と。

全2件中 1 - 2件を表示

少女像は泣かなかった (角川文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

少女像は泣かなかった (角川文庫)はこんな本です

ツイートする