沃野の伝説〈上〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.52
  • (4)
  • (5)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607473

作品紹介・あらすじ

米穀卸商の坂本義人が水死体で発見された。彼が死の直前に電話をしていた相手は、浅見光彦の母・雪江だった。嫌疑をかけられかねない状況の中、今度は浅見家が購入した高級米の袋から、大量の穀象虫が…。浅見は母に命じられ、調査に乗り出す。一方、長野県では巨額の米横流し事件が発覚、坂本事件との関連を重視した県警は"信濃のコロンボ"竹村警部に捜査を要請する。だが、二つの事件の容疑者・阿部隆三も失踪を遂げ、真相は混迷を極めていく-。二人の名探偵が、米市場を巡る巨大な闇に挑む!著者渾身の長編社会派推理。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 米穀卸商の坂本義人が水死体で発見された。彼が死の直前に電話をしていた相手は、浅見光彦の母・雪江だった。嫌疑をかけられかねない状況の中、今度は浅見家が購入した高級米の袋から、大量の穀象虫が…。浅見は母に命じられ、調査に乗り出す。一方、長野県では巨額の米横流し事件が発覚、坂本事件との関連を重視した県警は“信濃のコロンボ”竹村警部に捜査を要請する。だが、二つの事件の容疑者・阿部隆三も失踪を遂げ、真相は混迷を極めていく―。二人の名探偵が、米市場を巡る巨大な闇に挑む!著者渾身の長編社会派推理。

  • 浅見光彦の公式第67事件
    公式第1事件の「後鳥羽伝説殺人事件」にレビュー

  • ふと一言、米穀通帳も今でも存在しているかという発言から事件の渦中にのめり込んでゆく。

  • なんか彼の作品としては珍しく単調に読み終わってしまった。得意な手法を詰め込んだせいで、八方美人に終わってしまった感じだろうか?

    食管制度で黙認される自由米をを逆手に取った悪事に、反抗する正義漢が現れて・・・みたいな構図は内田作品では良くあることだが、その設定に終始してしまいこの作品にしかないなにかというオリジナリティを欠いていると思う。

    もしかして自分には内田作品に対する免疫ができてきてしまったのだろうか・・・あからさまに社会問題を年頭において書かれた彼の著作は、時にその社会問題に埋没してしまうことがあるのかもしれない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

内田 康夫(うちだ やすお、1934年11月15日 – 2018年3月13日)
東京府東京市滝野川区(現・東京都北区)に生まれる。長野市出身の父の実家が戦災で被害を受けたため、長野市から戸隠山麓の村、秋田県羽後町、雄勝町、埼玉県、静岡県沼津市、秋田県秋の宮などに移り住む。
埼玉県立川越高等学校、東洋大学文学部国文学科中退。コピーライターや広告製作会社の社長を経て、小説を書く。1980年『死者の木霊』、1981年『本因坊殺人事件』を栄光出版社(当時。現在は別の出版社から刊行)から自費出版。3000部刊行の前者『死者の木霊』が朝日新聞書評で紹介されたことを機に、作家デビュー。1982年刊行された『後鳥羽伝説殺人事件』が商業デビュー作となり、ここで名探偵浅見光彦が誕生。浅見光彦が登場する作品は116事件。累計で約9700万部を発行、映画やドラマ化もされて人気を博した。推理・ミステリー小説だけでなく、随筆やファンタジーなども手がけた。2008年、日本ミステリー大賞を受賞。
2015年7月26日脳梗塞が見つかったために入院し、毎日新聞で連載していた浅見光彦シリーズ「孤道」は2015年8月12日で終了。後遺症の左半身麻痺のため2017年3月に作家活動を休止、『孤道』執筆分がまとめて刊行された。加えて中断された物語の結末を一般公募し、最優秀作を「完結編」として刊行するという、毎日新聞出版、毎日新聞社、講談社、内田康夫財団連名による「内田康夫『孤道』完結プロジェクト」が広く話題となった。募集は2018年4月まで行われた。募集期間中の3月13日、敗血症のため83歳で逝去。
完結プロジェクト最優秀賞は和久井清水さん「孤道 我れ言挙げす」に決定。2019年春に講談社から刊行予定。

沃野の伝説〈上〉 (角川文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 康夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする